やさしい人たち

ha_023[1]

  野田先生がアイルランドから帰国

 電話をくれた  心配してくれている
  いつも 活動の事を気にかけてくれ・・…・凄い人たちを紹介してくれる
      12月に野田先生の講演会と相談会を開催する予定
    
      講演と共に 精神医療の個別相談を設けることにした

    「自死遺族等権利保護研究会」にも すごい先生たちが参加している

         自死と遺族への差別問題の是正のために・・・
  尽力を注いでくれている…・手弁当で
      裁判や書類の申請になれば有料だが
       それまでは 無報酬
     研究会にも自費で…参加

    仕事が終わってから  駆けつけてくれる

     志の高い専門家たち

         息子からの贈り物
     たくさんの素晴らしい人たちとの出会い
        その道では知られた人たち

マスコミ関係の様々な人たちとの出会い

   また
     多くの遺族との出会い

       知らない世界の人たちとの出会いという贈り物

      国の機関のひと達なんて 関係のない世界だと思っていた
   議員も・…関係なかったのだが

         息子は いつも私を応援してくれている
           やさしい子だから
            「カァチャン…なにやってんだよ、無理スンナ」と・・・微笑んでいる

    争うのが嫌いな子だった
        大きな声をあげるのも 嫌いで
            「もういいから」と 苦笑いしていた

        岡先生も野田先生も 山田先生も
           大熊先生も 細川先生も・和泉先生も、甲斐田先生も斎藤先生も・・…
    たくさんの先生たちみんな穏やかでやさしい笑顔のステキな人たち

           雑音に惑わされてしまう時が時々あって
             イラついてしまう
     反省…反省…深呼吸
          立ち止まっていられない

           やらなければならないことが山のようにある

        悲しみでいっぱいの遺族に手紙を書かなきゃ

       待っていてくれる遺族がいるから・・・

         野田先生にも本を書いてもらいたいし
     
   私たちも2冊目の本も出したい
       
     8月・9月・2月と  講演も頼まれている

      9月京都の講演が終わったら野田先生の自宅に御邪魔しようと企んでいる
            お子さんを亡くされた人と・・・5dc96fe5-7f39-4c2f-8b53-540406b038c3[1]
      
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント