息子の仕事への批判は許されません

d0003725_10254423[1]
批判ではなく
  ご注意でしょうか

   あなたがブログに書くことで  交通事故の遺族は傷ついていますよ
       
  というだけなら

なぜ  息子の仕事のことlまでコメントをしたのでしょうか

  私が書いたブログ・・と 私が掲載された新聞の記事のことだけなら
     息子の仕事の事にまで いう必要はないと思います

 私がこんなにも ブログで怒って書いているのは
 息子への侮辱が許されないのです

  働いて当然
   そうです 働いて当然だから
   休まず働きました
 
 それに加えて  パワハラもあり
  息子は追いつめられ・・心が壊れて行きました

    頑張ったんです 息子は。

  愚痴も言わず
 「いいよ俺の仕事だから」「みんなだって忙しいんだから俺がやるよ」
といい
犯人には憤り
「謝らないんだよ・・・」「3人も死んだのに」「許されないよ」
 「謝罪してから弁解だろ」「弁解ばかりして」
と 子供たちの死を悼んでいました・・こころから
  だから
  本をたくさん買って 初めての大きな事故の書類作成に必死に向かっていたのです
 あの事故の1か月前の塩釜に赴任
   事故の担当は初めての仕事でした
      慣れない仕事に配属され
  大きな事故の担当・・・
  息子は真面目に 誰のせいにもせず
      私が病気で入院しても「ごめん忙しいから」と
    電話だけで見舞いにも来ませんでした
 余裕がなかったのです
    朝の6時から夜中まで仕事をして
  一日も休まず4か月半
      死んでから署長がいいました
   自宅での療養に入る前に
 全ての事故の処理を終えて いたのです

   誰にも教えてもらえず  部下からの嫉妬もあり
      一人で本を読み、書類の作成をして あの大きな事故の処理をしました

  がんばりました
          その息子を
    仕事をして当然だという言い方は親としては受け入れられません
     
最初のコメントを読んでみてください

  息子への批判ですよ・・・

   息子は死にました・・・・
        死んだ息子の仕事の仕方を言われて
  ハイ
  ごもっともです 息子と私たちの対応が悪いんですね死んだのは・・・
     といえるでしょうか

   私がブログに高校名を出したことや新聞記事に掲載したことだけで済むことではないでしょうか
    なぜ
   息子の仕事まで批判されなければならないのか・・・と
     親なら怒って普通ですよ

  死ぬまで頑張って働いた息子の仕事への批判

        もう一度自分のコメント読んでください
     
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント