書ききれない事情が私にもあります。

67541316[1]

  事故の処理担当の勤務は過酷で、厳しいものだということを
   息子が亡くなり、知りました。
あの事故は 大きな事故でしたので
 対策本部を設置して処理ヲするべき事案だということでした。
しかし
対策本部の設置をするということは
県警本部からの応援をもらうことになり
   塩釜警察署の管轄から県警本部に主導権が移管されるということ。
 この事件の処理後の報告は県警本部のものとして
   事故処理をしたという手柄となるようです

  そのために 当時の署長(出世欲の強い人で有名)
    事故処理の担当課長〈塩釜警察署に来る前にも部下がピストルで自死・パワハラで有名な人)
5月の事故から10月に自宅療養になるまでの4か月半一日も休まず
 朝から夜中まで休日も返上で働きました。
それには
事故処理担当という部署の仕組みに問題があるのです。
(このことも警察官の人から教えてもらいました)
  係長になると
   休日でも事故があると呼び出されます。
    例えば、今日休みに田中が呼び出された事故は田中の担当。
     明日、勤務時間中に事故があれば、田中の担当。
  係長以外の人が休みの時は 休みで担当にはならない。
  勤務時間内に事故がなければその人の担当の事故はゼロ
    
 なぜか  自分が勤務した時だけ事故が起きるという人もいて
     そんな人は担当事故が増えていく
 10件20件~~~と増えていくだけ
    勤務時間内に事故のない人はずっと担当事故はゼロ

    係長になれば それはない
    夜中だろうが 休みだろうが 呼び出されて担当となる

それが 事故処理担当の仕組み

 心ある課長ならば  ゼロの人にも担当をわけてシェアする
  が
あくまでも 課長の采配

   課長は命令するだけ・…直接の処理と報告は係長

   過労自死で控訴しようと思いましたが
     結婚して孫もいて 私たちとは違う家に住んでいたので
  控訴には嫁の協力が必要でした。
葬儀は盛大に行いました、もちろん葬儀のお金は全て私たちが持ち、
  嫁が欲しいというので仏壇も買い・・・
    孫を育てていくために嫁には 
     なんでもしてあげようと思いました
息子の生命保険の解約も私たち家族が手伝い
  母子家庭の手続きも私たちが手伝い
 マンションを生命保険で買うというのでも見に行ったりして、管理費や駐車場代は私が払うつもりでした
 (働いて)
しかし
亡くなってから10日で 遺骨も位牌も仏壇もいらない!
   と 嫁と両親で 私たちを人殺しと罵って実家に行き
   連絡不能となったのです
手紙も受け取り拒否
  電話も着信拒否
   公衆電話から電話を夫がしたら
  警察に訴えるといわれ・・・
    (こんなことをいうと仲が悪かったと思われそうですが
  息子が来なくても嫁はマンションに自由に出入りして、泊まって行ったりしていました)

孫もいるので
 親の私たちには何の権利もなく
   遺ったのは遺骨だけ
 
遺品もハンカチ一枚ありませんでした
   
 パンツや下着は捨てると 罵った時に言ったので
     捨てるものなら 頂きたいとお願いをしましたが無視
 捨てる日を教えてくださいとお願いをしましたが無視

     ケンさんの生命保険で二世帯住宅を買うから
    娘には一切かまわないでくれ!といわれてそれっきりです

   息子の名誉のためにも 警察を告訴したかったのですが 残念です

    息子の自死に至った経緯に 事故のことがあったことは事実です
    それだけではないことも事実です
   それもブログには書いています
新聞にも掲載されています     
    活動をするとき、運動をするとき 
    事実を隠してはできません
しかし
   事故の事は頻繁には語っていません
     息子の死を想う時
       様々なことが交差します
     その一つが事故の事です
   私は 息子の死も自由に語る事を許されないのでしょうか

知人に    小児科医のご主人が自死した中原さんがいて運動もしています
      小児科医の過重労働を訴えていますが
  だからといって 
   子供を小児科に連れていく時に
       小児科医の過重労働を想い ためらうでしょうか
   自衛隊で 震災後に自死したひとが多くいたということも新聞に掲載されています
       今後震災がおきた時、自衛隊に応援を頼みづらいでしょうか
そいう問題ではなく
  警察の組織の問題を訴える意味では
   事実を伝えることは大切です
  宮城県警も含めて警察は私のことを知っていますので
      問題意識は高く持ってくれていると思います
  事故のことも
    交通事故を減らすという意味では
         伝えることも必要ではないでしょうか
息子の死を
  交通事故の遺族のせいにしていません
   交通事故を起こしてはいけませんというメッセージだと思っています
     交通事故は こんなにも悲しい人たちを増やすんです
    だから飲酒運転はしないでくださいという運動とつながらないのでしょうか

  そして 私の息子が亡くなった原因のひとつ が
    交通事故でした・・・ということを
 親として語ることまで
   制限されなければならないのでしょうか
           

そして  コメントの   自死遺族の人に言いたい
   恩を売るわけではありませんが

     私たちの活動がなければ
       今頃は   自死があった家・・のことが
町内会や民生委員・地域の交番や保健所等に警察で受けた事情聴取の個人情報が流され
    町内会長や民生委員・保健師が訪問しています
 
      それを未然に防ぐ運動もしてきました

   世間に自死ということを知られたくない遺族がほとんどです
         世間に自死遺族ということが知られていい遺族は少ないと思います

     今年 6月から走り回って 議員にお願いをしている問題も
    自死遺族の個人情報の問題です
        私は 公開していますから  個人情報なんて別にどうでもいいんです

   しかし
      自死遺族という情報が 地域に流れたら困る遺族も多くいると思います

     私は
   息子の死を 交通事故の遺族の責任だとは言っていません
      むしろ
  交通事故を許せないという点では 気持ちが一致すると思っていました
     東京や島根の遺族は
   息子の自死を 交通事故防止のために 役立ててくれています

     私の息子がパワハラを受け、過重労働だったことが
      警察に相談しずらくなっているほど影響力がありますか??
       
         
     

        
                
  

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

僕は社会に出たばかりの若輩者。一応自死遺族です。僕が子供の時母が死にました。僕が第一発見者でした。まだ自分は結婚してないので田中さんみたいに子供を亡くした人の気持ちがわかるかと言われたら僕はわからないと答えるとおもいます。
何人かのコメントを読んで田中さんは傷つかれたように見えました。でもコメント書いた人の意見も僕にはわかる気がします。田中さんが小児科の先生の過労死に触れていたからそれを例えにすれば、その小児科の先生が過労だったというのは公表してもいいけど、特定する形で○○さんの治療がとても大変でその影響が大きくて過労死したとなったら○○さんは辛くなるんじゃないでしょうか。コメント書いた人はそれを言いたかったのだと僕は受け止めました。僕も宮城に住んでるのであの痛ましい事故のことは知っているし、そしてそのしばらく後に田中さんが会を立ち上げられたことや息子さんの辛い事実を知りあの事故の関係者だと知りました。おそらく宮城県内の人で自死についてアンテナ張ってる人なら田中さんのことは知ってるとおもいます。でも僕も死亡者が出た交通事故くらいに言うのならまだしも具体的に宮城県民ならだれでも知ってる事故の名前を出したのはどうかな?とその時思いました。でも結論から言って、もう公表されたのだから、それを今更田中さんにどうこう言っても仕方ないと僕は思います。ブログとかは簡単にたどりつけます。自死遺族やまたはそのことに関心のある人がここにたどりつくのは簡単です。コメント欄もあるから自分の意見を言いたい人は言うのだとおもいます。昨日書いた人の文章は僕には悪意は感じませんでした。でも自死遺族は回復不可能なくらいひどく傷ついていて心が屈折てします(すみません自分と一緒にされたくないですよね)、だから田中さんが必死に自分の辛さを吐き出したいのもわかる気がします。しかも自分のブログだから自由に書きたい。でも違う見方をすれば、このブログは不特定多数の人に公開されてる。僕も嫌なら見なければいいとおもうけど、コメント欄があれば読む側も書いてしまうのもわかる(僕が今そうしてるように)。いっそのこそコメント欄がないブログもいいかもしれないですよ。気持ちのすれ違いで互いが傷つくのは一番避けたいですよね。なんか生意気書いてすみません。この僕のコメントでもしも田中さんが傷ついたり批判されてると感じるならば、削除してください。いい子ぶりたいわけではないけど名前も顔も公表し自死遺族の代表として活動してくださっていることにはとても感謝しています。