1歳半の幼児の発達障害という診断

120-2[1]

精神科医療の問題は大きく自死の問題とリンクする

     発達障害という病気はない
 病気でないのになぜ薬を出すのだろう
 薬は病気の治療のためのもの

    1歳半の幼児・・・発達障害と診断した医師に聞きたい

  歩けないからですか?言葉の数が少ないからですか?
    動きがゆっくりだからですか?
 離乳ができていないからですか・
   おむつが外れないからですか?
目の動きはゆっくりだからですか?

    そうだとして…その症状は 薬で 改善されるものですか?

 薬を飲むと
   おむつも取れて、言葉も話すようになるのですか?
   
   子供の発達は ひとり一人違って普通

   身長も 小学・中学まで  小さい子が  高校になって
   1年間で17センチ~20センチ伸びた・・という子供もいます
 
    言葉をうまく言えない子供が アナウンサーになっていたりします

    人と話すのが苦手な人が  セールスをしていたりします

  そして、苦手がいっぱいでも  ものすごい才能の人もいます

 天才は 苦手なことが多いようです

    医師も 万能の才能はありません
        
      20歳を過ぎて、本人が生活するうえで 障がいがでるようなら
   改善をしたり 訓練をしたり また 障がいの少ない生き方を選べばいいだけ

    様々な生き方があっていい

     知的障がいにも精神薬を出しているが
   精神薬を飲んで 知能があがるのだろうか
        むしろ低下するように思う

    薬を飲んで  運動能力は高まらない

    忘れ物も精神薬ではなおらない

   人と話すことも精神薬では治らない

    子供に精神薬をのませている人たちは
  その子供が大人になってからを見てほしい

     回復していませんよね

       むしろ悪化している子供を見て  何とも思いませんか?

 それはクスリのせいではなく 子供自身が悪いのでしょうか

      障がいって  悪化するものですか?

      治れば  クスリが効いたといい
 悪化すれば 本人が悪い

    それって  治療ですか・医学ですか

     
    遺族の悲しみも  普通の反応

   精神薬では回復しません

  生き返れば回復します 一瞬で!

        精神薬の治療が必要な病気もあるでしょう

しかし 現在 精神薬を飲んでいる患者の多くは 飲まなくてもいいクスリを飲まされている

     遺族の悲しみへ  抗うつ薬抗不安薬を処方していることが
        物語っている

    遺族は精神薬を飲まないことです

  飲んでも悲しみは消えませんから
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

眠れないからと睡眠薬と、心が安定するからと安定剤。カウンセリングをしてもよくならない、その薬は依存性があるからと又変えられて。話を聞いてもらっても悲しみ、苦しみ、虚しさ、悔しさは無くならなかった。だって帰って来ないんだって。病院行くのを止めた。死別の悲しみへの処方とか精神科の医師には薬だけなんですよね。だって所詮他人事。誰も助けてくれないもの。