自殺志願者という表現の記事

d0160788_20245956[1]

今日は「藍の会」
 これから出かける
         自死遺族のわかちあいの集い

    宮城も仙台も自殺ではなく自死という言葉で・・・表現しましょうということになっている

   しかし

    県の自死の担当機関の責任者である精神科医は
      角田市の自死の対策会議での講演で
       自殺の連呼
   
  22日の河北新報の記事の見出し

「自殺志願者と遺族の支援」

        ひどいものです

    抗議をした

   社内で議論になったのだが・・・

    という 
記事を書く専門家の集まりとは思えない   言葉の知識のなさと
                             時代の流れを読めない人たち

   私のような主婦とは違い

  彼らは それが仕事・…言葉を巧みに使い最もふさわしい表現を選び読者に伝えるのが仕事

   それが

 「自殺志願者」ということば・・・・・・がタイトル

    自殺を志願した人たち・・・

     志をもち 自ら  願い   殺した・・・という意味

     自死が 志願したものであるなら

        対策なんていらないはず

     社会的要因によって追い込まれた末の死

     という  国の大綱すら  知らない記者たち

       せめて 自死の問題を書くなら

  大綱くらいは読んでほしい
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント