精神病の人が精神薬を飲んで満足ならいいと思うよ

harb27kinsen[1]

精神薬を飲んでいるということは精神疾患・・精神病

   精神病なら飲んでも仕方ないですね

     病気ですから。

 悲しみは病気でしょうか?
        息子を亡くして悲しいという気持ちは精神病でしょうか?
   悲しみは精神病ではないから精神薬を飲む必要もないと思うのですが
       薬は何らかの病気のために 飲んだりするもの

 病気でない人が  抗のつく抗うつ薬は飲む必要はないと思います
       麻薬と同じ成分を多く含む 向精神薬や抗うつ薬は
     精神疾患でなければ飲む必要がないということを言っているだけ

   遺族の悲しみが精神病だという診断は どうなのかな

      精神薬は精神病の人が飲むもの

       精神薬を飲んで満足しているなら  それはそれでいいと思う

          精神疾患があるのでしょうから・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私の感じたこと

ブログ時々拝見させていただいてます。自死遺族のための活動も頭が下がる思いです。
私は娘が7年前に亡くなりました。産後うつがひどく治療して薬ものんでました。7ヶ月経ち随分よくなって来たなと私はじめ周囲も安心し気がゆるんでいたころ娘は逝ってしまいました。娘は治ったと思い込み最後の頃は処方されてる薬を飲んでなかったということも後からわかりました。うつの回復期は自殺の可能性が高いという知識を私は当時知りませんでした。

薬を飲んでないことで後悔する家族もいればその反対もあることをこのブログで知りました。

これは私の感じ方なのですが、悲しみは病気ではないという考えは◯でも×でもないと。たとえば、産後初めての出産で戸惑い不安が強まった人、学校や職場でイジメにあい苦しんでいる人、ブラック企業でコキつかわれて疲労困憊してる人、そういう人を全員病気扱いしたら失礼でしょう。中には心因性のうつ病を発症してる場合もあり、その方々の中には、薬により悪化する人もいれば、薬により改善される人もたくさんいます。

以前から気になってたのですが、田中さんはこのブログに独り言を自由に語りたいのだと思います。だけど読む人によっては、田中さんがマスコミなどに出ていたり様々な活動を勢力的にされてるの知ってると、ひとりの遺族というよりも、自死遺族の代表の人みたいなイメージを持つ人もいて、だからコメント欄に、いろいろ書く人がいるのではないでしょうか。自死遺族がみんな同じ考えではないとつい言いたくなるのだとおもいます。でも田中さんはそんなことは百も承知。誰よりもたくさんの遺族の心に触れているから。いろんな考え感じ方や行動があることは知ってるし、自分と違うからといってその人たちを否定もしていない。

ただ、ネットだから、文字だけだから、相手の気持ちが見えなくて、お互い誤解も多いのでしょう

余計なお世話かましれないけど、ブログのどこかに、注意書きみたいにことを書いて、この考えが遺族全員の考えではないですよというようなこととか、ひとりごとだから反論的コメントはこの場ではお控えください的なことが、ブログの中で目立つとこに書いてあったらいいのかなって感じました。