悲しみはクスリでは消えない

imgdb6a83c3zik9zj[1]

自死で夫が亡くなって悲しいから精神科
  父親が自死したから精神科
子供が自死したから精神科

   精神薬を飲んでどうなりたいのか

    飲んでみた結果  どうなっているのか

        悲しみを消したい・・・・・のか
 悲しみを軽くしたいのか・・・

    冷静に考えたらわかる

 悲しみはクスリでは消えない
   悲しみを消す薬はない

 悲しみを軽くする薬もない
      夫が子供が亡くなって間もないころの こんな遺族を数人知っている
  自死したという部分だけ消したい
   死んだという事実だけ消したい
       幸せだったころの記憶はそのままに
          死んだことだけを忘れたい
    そんな薬を望む人がいる

     部分的に 消したい部分だけ記憶が消える薬があると思いたいのだろうが
       あるはずがない…ことも認めないと
      医師の言うとおりに 薬を飲む
   飲んでも飲んでも記憶は消えない
  飲んでも飲んでも悲しみは消えない

       もっともっと  強いクスリ  もっと強いクスリ

      それでも 記憶は消えない

       身体がフラフラになっても 記憶は消せない

       都合のいいように記憶が消える薬なんて  どこにも存在しません

  そうやって 自死したひとを責めて 死人に泥をかける
       
      フラフラになったのは 死んだ人のせいだろうか
 日常生活ができないほど 薬を飲んでいるのは
   自死したひとのせいだろうか

     悲しみや苦しみは 自死したからかもしれない
私の悲しみも息子の自死だ
    生きていたら悲しみはない

 しかし 私は生きている

  息子の悲しみは 苦しみは   死んでしまうほどだった

    死にたいほど苦しく悲しくても  私は死んでいない

   死んでしまうほどの悲しみと苦しみは わたしにはない

   息子に比べたらまだマシ

      そんな悲しみと苦しみを背負い死んだひとを責めたくない

       悲しみと苦しみは 生きるということ

       薬を飲んで消えない悲しみなのに  なぜ飲むのだろうか

    飲んでも消えない  飲まなくても消えない

  ならば 副作用のある薬はのまないほうがいい

        薬を飲んで 元気になった遺族は見たことがない

    精神薬はある意味で毒
         精神破壊のくすり

    私は悲しみを愛しいものとして抱えて生きて行きたい

     薬を飲んで 精神疾患になって

      やっぱり・・・自死した家族がいるから・・といわれたくない

      薬の相談が多すぎる・・・

  減薬断薬すると全員元気になる・…薬ってなに?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

田中さんは田中さんのスタンスでがんばって欲しい

旅行に行きたくない、薬を飲みたくない、そういう田中さんが好きで応援しているたくさんの人達がいます。

悲しみは薬ではいえない、その通りだと思います。向精神薬はフラフラにさせ、心をごまかすだけだと思います。私は田中さんと同じように二度とのみたくありません。