お久しぶりの人

6_3[1]
NMY055[1]


 連休は県の補助金の報告書作成

 本日提出

     藍色のこころサロンの日だった

  久しぶりの人が参加

      電話では話していたけど・・・・ 少しふっくらして 気分も落ち着き いい感じだった

     医師も変えて 病名もかわり・…薬もかわり   落ち着いた
   おしゃれもして・・・・・・元気そう・・・

       よかった(*^_^*)とおもう

     ギターを持参してくれた人がいて・・・・みんなで弾き語りを聴き

          涙ぐむ人もいれば  生の楽器の音を聞き、心に沁みる人もいる・・・

     同じ音楽を聴いても   人はそれぞれ

            同じ人も  その日その時間によって違う

        感情は起伏がある

   同じような感情の流れにはならない
          機械ではないから・・・・・・・生きている人間だから…同じ瞬間は一度もない

     生きるということは 一瞬が過去である

       美空ひばりの歌「川のながれのように」のように
 人生は川のながれのよう・・・・

     最後は大海の一滴となるだけ

      息子は 短い川だった・・…34年という

       
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント