涙の河





6070_1[1]



亡くなった人の思い出を不滅のものとするために、私たちはいま何をすべきだろう。

涙を流すのはたやすい。

しかし、それだけでは彼の身近な人々にも、

彼を深く愛する人々にも、私たちにも、なんの慰めにもならない。

私たちがすべきことは、亡き人がそのために生き、

全力を傾けた仕事を引き継ぎ達成することだ。

肉体は滅びても、魂は決して滅びない。亡くなった人の魂はそうして不滅のものとなる。



生きたいと願い・・・・しかし自死せざるを得なかった人たちの命を
            こころの中に抱き、生きたいという願いが叶う社会にしなければならない

          それが 亡き人たちから課せられている


  たくさん泣いて 枯れることのない涙の河を  いのちと愛のあふれる河にしよう




           
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント