削除という選択

e0020166_19391934[1]

 こころが狭いといわれますが、 本当に狭い心なので

   嫌なコメントは削除します・・・しました

削除は「ひどい」とコメントをもらいましたが
     削除は私の自由
          削除という選択もあるのです

 講演した時や、会合・会議等々、顔の見える時間では
   どのような意見もお聞きしますし、批判もお受けしますが
     顔の見えないネットで  こころが落ち込むようなコメントは削除することにしました

   こころの狭い凡人の私が  せいいっぱい頑張って活動し、生きています

     煩悩だらけです
   だから息子を救えず自死遺族となっての懺悔の活動をしているのです

       指導もして頂かなくても大丈夫です

     素晴らしい方々が  私の周りにいて アドバイスや導きをしてくれますから。

       

      亡き息子も導いてくれます

         息子に叱られそうですが

     私は必殺仕置き人が 欲しいです


       

              
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

不特定多数の方が見れるようにされているブログですから、なんでもかんでもコメント載せるわけにはいかないと思います。
管理者が取捨選択する権利と、責任もあると思います。