子供への精神薬投与の増加





misumi_3[1]
初調査 大半が大人用処方

 医療経済研究機構(東京)は
、子どもへの向精神薬の処方件数が増加しているとの調査結果をまとめた。
こうした実態調査は初めて。
未成年の心の診療に対する理解が進んで専門の医療機関が増え、
受診の機会が広がったことが背景にあるようだ。

 ただ、処方された薬のほとんどが本来は大人用で、
子ども向けは注意欠陥多動性障害(ADHD)治療薬の一部だけ。
調査に参加した
神奈川県立こども医療センターの藤田純一医師は
「興奮やうつ症状を抑えるには大人用でも使わざるを得ないが、子どもを対象にした治験を進めるべきだ」と指摘している。

 調査は、2002〜10年の診療報酬・調剤報酬明細書のうち18歳以下の約23万件を分析した。

 13〜18歳への処方について、
02〜04年と08〜10年を比べると、
ADHD治療薬が2.49倍、統合失調症の治療に使う抗精神病薬が1.43倍、
抗うつ薬が1.37倍に増えていた。
6〜12歳ではADHD治療薬が1.84倍、
抗精神病薬は1.58倍、抗うつ薬が1.04倍。

 複数の薬を併用する傾向も目立った。

併用は体重増加など副作用が指摘されるが、
抗精神病薬と抗不安・睡眠薬、
抗うつ薬と抗不安・睡眠薬の同時処方が13〜18歳でいずれも50%以上あり、
欧米の6〜19%を上回った。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント