幽霊と怪談と震災の記事

Suikazura1[1]

  怪談

   自分の息子の死を 「怪談」物語にはしない
   
     愛する息子を 幽霊とか怪談話しで語られたくない

   遺族も様々

   幽霊とか怪談話しにして  供養という人もいる

      仏式で葬儀をして
             仏さまの教えよりも  幽霊や怪談話として書くことが供養という遺族

  供養って亡き人を幽霊やお化けと思うことなのかな・・

    位牌の意味も  戒名に意味も

       極楽の意味も   仏壇の意味も
              お盆の意味も  彼岸の意味も

     わかろうとしないのかな

    亡き人ではなく  自分中心なのではないだろうか

        お坊さんたちに頑張ってほしい

    法話を説く機会をたくさん設けてほしい

    キリスト教でのお別れの儀式をしたなら
       キリスト教の教えを知ってほしい

教会に行き、聖書を学ぶといい

     亡き人を幽霊やお化けと信じないでほしい
       
       自分の愛する人が幽霊やお化けでいいのだろうか

    新聞の連載
   祈りと震災

    「つむぎの会」に参加した子供を亡くした親たちは憤っていた

        なぜ 亡き人を 幽霊や怪談にするのか・・・・と
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます