悲しみ

hakucyouge011[1]
 
 愛する人を突然亡くした遺族

 立ちすくんだままで、歩けない日々

     少しずつ 歩き 休み  戻り  立ち止まり
 
  少し歩く・…そんな毎日

    そうやって1年・2年・3年と月日が流れていく

      昨日  講演の後の懇親会で

     妻が亡くなり悲しみという」血が身体から噴き出して・・・
・5年・10年 ようやく かさぶたができた状態かな・・・
     という話を聞き・・・
そうなんだなぁ~~~と
    
    愛する人の突然の死
        かなしみ

 癒せるという人たちがいるが

    誰にも癒せない


 自分で自分なりに向き合い 自分の足であるくしかない

    あふれる涙も 噴き出す血潮も止められない誰にも・・・

     流れるがままに~~~

月日がゆっくりゆっくり  

     こころのかさぶたを作っていく

    時々 ピリッと  はがされてしまうこともある

         そんな時は 動物がするように キズを舐め合う
     同じ苦しみ同じ悲しみを持つ者同士で
      
    
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント