酷い支援がここにもあった

20090524142837[1]

書いては消してを繰り返し・・・・

   今日は朝から教育委員会に電話

午後は猫さんの講演を聞きに行く

   宮城県教育委員会と石巻市教育委員会が協力して
      臨床心理士を含めて6人で
石巻市立の小・中学の児童生徒をつなみで亡くした親の支援をするという事業
   が 
昨年、震災後3年過ぎて活動を始めた
 当面3年だが6年・9年と継続することが決まっているということでした

   訪問しているという
 二人で・・

   断られることも多いそうだ

    宮城県内で児童生徒が亡くなっている地域はたくさんあるのになぜ石巻だけ

     大川小学校が 市や教育委員会を相手に 闘っているから・・・だそうだ

      教育委員会を相手に闘っている親が
  教育委員会から派遣された人に心を許すだろうか
     遺族の気持ちを逆なでしていると思う
 断られても断られても何度も訪問する…という考えが
     あまりにも自分勝手だと思う

  ご焼香に…ご焼香に・・と何度も言う

   断られる方も大変でしょうが
2人に訪問されて 断る遺族の気持ちもしんどいと思う

   ご焼香という行為が絶対的な善意だと思う気持ちが傲慢

   ご焼香なので、家にあがることが前提

  突然見も知らない人がきて、ご焼香をさせてくださいと言われて
     快くあげるだろうか
 私は不愉快になると思う

    家にあげて焼香してもらったら

   お茶もお菓子も 出さなければならない

     亡くなった子供の話もしなけれなならない

    嫌がる遺族に 頼んでもいないのに
 なぜ無理やり個人情報を集めて 訪問するのか・・・

  こんなに遺族のことを思い努力しています・・というアリバイのための事業としか思えない

  ただ話を聴くだけ・・・・だという

   追及したら

 専門機関にもつなぐという

    専門機関って?どこ?

医療機関!

医療機関?内科・眼科・?

   んんん・・・・・精神科・・…

    教育委員会と臨床心理士が 文科省という後ろ盾の下に
     子供を亡くした親のケアといいながら

 無理やり訪問し、調査し 精神科につなぎ

    遺族をどうしたいのだろうか

 明日以降~教育委員会の担当者が連絡をくれる予定

今日は担当者不在のため……お話にならず・・・でした

遺族の支援?夜中も聴いてくれるの?
いいえ5時までです
 日曜日・土曜日・祭日お休み?
はい!
 9時から5時まで平日のみ?
はい!
個人の情報を教育委員会から伝えたら遺族が問題にする
市役所も同じ

だから 責任を個人の私にするために  私に情報を求めたのだと思う

  教えない   

静かに話人だが
   カウンセラーや精神科医にありがちな話し方で
  イラつく人だった
 
感情をあらわさない・・……手法

 人間としてのあたたかさのない人

      こんな支援が税金を使い行われている

   なんと傲慢で卑しい人たちだろう

 自分たちの子供さんも亡くなってみたら・・・・・とおもった

    ひどい私です
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント