上智大の岡教授

thumb5[1]

上智大学の岡教授は
 地方の自治体から「自死遺族支援」の講演を依頼されたときは
  支援者ではないので、そのようなお話はできませんとお断りされています

そのうえで 遺族と一緒なら「通訳者」「伴走者」としてお話ができますと伝え、
    遺族と一緒に 講演してくれています。

「悲しみは愛しさと共に」という本を書くにあたっても
     自分が書くと 違う!ということで  内容について悩みまだ書いていません

   私たちから依頼して、岡先生に協力してもらっているのですが
      謙虚な方です

   大変おこがましいのですが ご一緒に歩かせていただけたらと思っています

  と  懇親会でも話されていました。

    遺族に思いを書かせてコメントを書いて
       論文を書いて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・有名に・・・

 そんな人ではないのです

  私がお世話になって信頼している ご住職が 
仙台の講演を聞いて「岡先生の人柄に触れただけで よかったー」と話していました

    そばにいるだけで「ホッ」とする人
       ほんわかやさしい気持ちになれる人

    尊敬しています

 研究者としても人間としても・・・

       肩書きは偉い人ですが・・・ (学部長)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント