頑張る!

tanetukebana400[1]

日本人は大きな悪には弱い
    小さな悪を痛めつける

  といわれる

     言いやすいほうにいう
         話を聴いてもくれない人には逆らわない

     懸命に頑張っている人の足は引っ張る

        ずるい人には意見を言わない

   弱い者いじめが得意なのだろう

      自分も弱いのに同じ弱い人をいじめて  満足している人

       頑張っている人を応援しない

       一生懸命に生きている人をなぜ応援しないのだろう

    自死と自殺の問題も

      遺族の多くが 自殺という言葉に傷つく

   というのに

「自死遺族が傷つかないような支援」といいながら

     「自殺」でいいという自死遺族支援者たち

    矛盾していないのだろうか


    自死遺族が傷つかないような配慮

   といいながら

      自殺という言葉の連呼


 だから「自殺」という言葉に傷ついているんです・・・

     と何度も要望しているではないですか・・・

         聞こえないのかな・・・・

    自死遺族支援は心を傷つけないような言葉で…といっているのに

       傷ついてます…といっているのに

     日本語が通じなくなるのかな・・時々

    
         今日も変なメールが届いた

    携帯に・・・SM

        でも
同じくらい・・・・・・・・・・・それ以上に・共感してくれる人たちもいる


i320[1]
霧ヶ峰(エゾノコリンゴ)[1]
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ある団体の自死と自殺の言葉の提言のことでしたら、
その提言について疑問感じてます。
正論のように書かれていますが、
矛盾していると思いました。
その矛盾にどう答えてくれるのかすら、
一遺族には知るよしもありません。
個人的な感想ですが、
あの提言を柱として活動されるのであれば、
遺族のみならず自殺(あえて自殺と書きます)防止も、
上から視線、憐れみ支援と感じてしまいました。