知らないこと・・・

wasurenagusa_1m[1]

 自死遺族支援が国の「自殺対策大綱」の8項目目に掲載されていることも知らない遺族が多いと思います

  自死遺族の支援がどのようにして決められ
、どんな経緯で「自殺予防」という名目で「自死遺族支援」が国の対策になり
  予算がつき
  毎年1億円以上の税金が「自死遺族支援」という施策に使われているのかを
     知った私は
  それからが
国が策定した「自死遺族支援」という内容の是正のために 声をあげつづけてきました

   知らないということはある意味幸せです

   自分たちの情報が保健師たちで共有し会議で報告されていることも
      知らなければ腹も立たないでしょう

      自死遺族の48パーセントは精神疾患者である
         多くの自死遺族は「自殺未遂者」と同等の「ハイリスク者」である
*ポストベンション(自死の3次予防)

   自死者多くは精神疾患者だから家族も精神疾患が多い
精神疾患は遺伝性が多い・・・
    自死も遺伝や性格・・・家族は似る
        という

昔ながらの偏見による視点です

「 社会要因により追い込まれた末の死である」という「大綱」の文句は
     たてまえです
  国が対策をたてるためには個人の遺伝では税金が投入されないからです
       対策の中心にいる人たちは
   本心は個人の性格や遺伝によるものだという偏見を腹の底に隠しながら
      「社会的要因による死」だと表向きは繕ったのです

    だから 自死の対策の中心は個人のメンタルケア
       精神障碍者の対策
   精神科医療へのつなぎと紹介
 早く精神科に行くように・・・・というものです

 社会的要因の対策は  借金・サラ金の問題だけ

    他は過労自死も含めて  個人の精神的病に・・・

     過重労働問題は解決されていません・・・

自死遺族の会が保健センターや保健所
    保健師が主催なのは

  精神疾患者というくくりだからです  自死遺族は・・・

    多くの遺族は  私が言うことを信じていないようですが

  書類が私の手元にはあります・…たくさんの資料が(国が出しているものです)


 国の資料をネットで見たり 紙の資料を手に入れてみたことのない遺族は

    自分たちには知らされないで…ドンドン自分たちの支援が決められて
      個人情報が自殺予防という名のもとに
      一部流れていたことも
    流されようとしていたことも知らないだけです

    私は精神病ではありません
     息子が死んだだけです

        だから保健師さんにはお世話になりません

    私たちに何をしようとしていたのか・…を知ったら

    のんきに 私を批判していられないはずです

     自分が自死遺族ということが 地域に知られるのですよ

   私は 全国に知られているので  今更どうでもいいんですが

       国の自死遺族支援の担当者と9年近くも闘っています

    9年前からの資料を読んでみてください
      対策を見てください
            自分たちを国はどんな目で見ているのかを知ったら
         愕然とするはずです

     1億円の支援費用が どこに使われていても別にいいのですが

    表向きは「自死遺族の自助グループ等活動支援」
    裏は「支援者だけの補助金」
    なぜなら自死遺族は精神疾患者だから自分たちでは活動できないし
活動をすることは危険なことだから

    もっとも危険な自死のハイリスク者が自死遺族だから

    これは 私が勝手に思っているのではない

    資料がありますから・・・・
シンポジュウムでも自死遺族支援の内容にかかわった教授が講演しています

   知らないほうが 私も 穏やかに暮らしていたのかもしれない

  がしかし  知った以上は  知らんふりはできない

     闘いたくて闘ってきたのではない

       
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

怒りは心頭に達するのではなく、発するのです。
「怒り心頭に発する」
心頭とは心の中のこと。
うっかり入力間違いでしたら、余計なお世話ですが、勘違いして使っている方が多いので。

該当箇所は削除されたのですね。
私は日本語を大切にし守りたいと思っているので、誤用を見過ごすことは出来ず、年上に失礼かと存じましたが書き込みさせて戴きました。