気張らないこと

kozakura021[1]

 わかちあいの場所で悩んだ時 こんなことを話し合ったときがある

場所はどこでもいい
「カラオケルーム」でもいい
       ファミリーレストランでもいい    と

   自分が急に参加できないと気、会場を開ける人がいないとき・・・

遺族が来たから・・・・・・・行政に鍵を開けてほしい…なんて思わないほうがいい

     できる限りのことは自分たちでする…というのが自助グループの基本
       
   中止になったことを知らずに来た遺族のことを
     そこまで思わなくていい
   会場まで来た遺族だから・…大丈夫です・…ひとりで帰るから・・・
        そして  休会になった意味を知ったら 許してくれるから

 それが大人です

    同じ遺族が病気になっても家族が死んでも  会を開催するべきだとは言わないはず

       もしもそんなことを言う遺族なら   

                人間性を疑う

      何が何でも  地震が起きても  開催する・・・なんて思うと

         しんどい・・…開催する方もですが  参加する方も・・・

   気張って開催する雰囲気が伝わってしまうから

    気張らず・・・・・ふんわりと  さりげなく  

            わかちあいだけに拘らず   なんでもいいんですよ

      お茶会でも  サロンでも

法話の会でも

    ランチ会でも   ミニ遠足でも

         講演会でも     旅行でも

    その人が元気になればそれでいいんです


     人間は  考えすぎても  いい考えは浮かびません

       思い描いたようにならなかったから自死遺族になったんですから

         自死遺族になると思っていた人はいないはずですから

  「 内村鑑三」の本でも読んで、自分の内面と向き合う時間でも作った方が

         会の開催をあれこれ悩むよりもいいと思う
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

わかちあいの場を求めて、探してみた。
行けそうな場で探し、駐車場あるかの問い合わせえおしたら、根ほり葉ほり聞かれた。
聞きながら、ふ~んという相槌が入る。
役所で専門家が対応しているとこうなるんだな。
段々疲れて、もういいですと電話を切った。
しばらくして電話かけ直して来たけど、話す気力もなくなったので、大丈夫ですと再び切る。
資料必要なのはわかるけど、参加する前の段階でしかも自分たちがいつどんなわかちあいをしているか等のことは話しもせず、一方的に質問責めはおかしいと感じないのだろうか?
わかちあいの会、下手に行けば傷つくんだろうな・・・