さくら

f0105592_1037340[1]

突然 悲しくなった

 次男も夫もいるので  悲しい感情を振り払い
    作り笑い  元気な声で話し・・・なんとか普段の自分に・・・

 時々  どうしようもなく  胸が切なく締め付けられる

   それがいつどこで・・・という 予測がつかない
  
 健一が死んで・・・藍の会を始めて・・・マスコミに取り上げられて
     1周忌を終えての年末に  以前勤めていた方から「桜の枝」がおくられてきた
   
  職場では本当によくしてくれた若い女性

  その時 仏壇に飾ったのだが  とても穏やかな気持ちになれた

 それ以来  我が家は 新年の仏壇には  桜の枝をたくさん

   1月1日に ほぼ満開になる

   年賀状も書かなくなった
         寒中見舞いのお便りにしている

  1日は神社ではなく お寺に・・・お墓参り

    
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント