傷つき・…・は学び・・・

0000-0043[1]

たくさんの自死遺族も含む遺族とのご縁をもらい…
(年間300人以上~8年と半年で 2千数百人以上の遺族とのご縁)

 ひとりひとり皆違う~

  裏切られたこともたくさんある・・・
    騙されたこともある・・・

静かに去る人    泥をかけて去る人  様々

   しかし  多くの遺族はやさしい

    こんなにまで恩義を感じてくれるなんて…と恐縮してしまうこともある

        支援者も同じ

   やさしい人もいる

    ひどい人もいる
                 偉そうな人もいる

   年間1万件の相談を受ける

      大勢の行政の担当者とも会ってきた
マスコミも・…宗教者も   医師も・・・・

  専門家が主催する講演会やシンポジュウムにもたくさん参加してきた

      数えきれない人たちと会ってきた

息子が逝ってから9年過ぎたが・・その間

   私がそれまで生きて会ってきた人数をはるかに超えた

     名刺だけでも莫大な数になる

 手紙も 2000通…3000通はあるだろうか・・・

    もっとかな・・・

    FAXでの相談も手紙も・・・数えきれない

      紙の資料の破棄が1か月 燃えるゴミ袋で数枚

     捨てないと 紙の資料で私の部屋が埋まってしまう

       遺族に傷つけられても   「元気になってよかった」と思うことにしている

     私に泥をかけるくらい元気になった・・凄いなぁ・…と思う

          自分もまた 誰かを傷つけているかもしれない・・と思う

     自分も多くの人に支えられて生きている

          私がうるさくいうのは  国の税金を使い 
 支援します支援担当者です支援の専門家ですといいながら  
          「遺族の話を聞くと疲れる」という人たちや
   「遺族はこうだあうだ」と裏で批判している人たちや

    遺族には言わないが  報告していたり本に書いたりしている人や

       遺族を蔑んでいる人たちに 意見をいうだけ

      支援者たちと同じところで話し合う機会が多いので、支援者の様々な裏が見えます

     できるだけいいところを探していますが  偉そうな人は好きにはなれないのです

    たくさんの人と出会い  たくさんの人から学び反省し

        少しずつでも 心の広い人間になろうと思ってはいるのですが
                  なかなか大変です

      明日は朝早くに東京  泊り
月曜日には小平市で会合
     夜帰宅予定

   自死遺族支援の指針改定に向けて  意見書として指針を作ってみた41ページ

   指針に対して 一か所ずつ 意見を述べても どうにもならないくらい違いがあるので
         作成してみたが、もちろんたたき台であって
           完成ではない

   議事録の見直しもある・・・・いつも書類とのにらめっこ

       これから寝て・・朝6時起床予定・・・
      
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

先日、とても不安定になったけど、
誰とも繋がれなかった。

いのちの電話に繋がったけど、
自死遺族という言葉が通じなかった。

自殺で家族亡くしてます、
と言うと通じた。

先方は、文字が浮かばなかった、
と、意味がわからなかったわけでない、
と言いたかったようだった。

不安定な時に、自死という言葉がわからない人と話したくないから、
どなたか他にいたら代わってほしいと言ったら、
ガチャンと伐られた。

かけ直すと、なぜかすぐに繋がったけど、
自死遺族の人ですか?
はい。
ガチャン!

不安定さから怒りに変わった。

週末だったから、事務局に聞けなかった。

週明け、事務局に聞いたら、
いのち電話が始まった時は、
自殺予防だったので、
そのことから頭にある人もいるんだと思います。
申し訳ないことしました。
自死という言葉は、だいぶ広がっており、
仙台市は自死でいっていますが、
国やwhoは自殺でいっています。

関西では、いのちの電話が自死遺族わかちあいを始めようとしています。
また相談員がわかちあいをされてたりもあり、
自死遺族に対しての気持ちはあります。

自助でない私たちが、遺族支援する批判もありますが~
と、言われた。

私は自助については一言も言わなかったのに、
先方から話が出たので、びっくりした。

う~ん、よくわからないけど、
遺族が声出してること、
いのち電話はわかってるってことかしら?

黙って我慢しない向こう見ずで、
今までも傷ついたし、
人を傷つけたと思うけど、
納得できないものは納得できなかった。

誰だって、クレーマーにはなりたくないもの。

いのちの電話、話を聞かせてくれたから、
わかることもあるので、
とは言ってくれたけど。

自殺と自死

追い詰めらた死という認識なら、
自殺という言葉は使えないと思う。

自殺予防に関わってるなら、
少なくても自死という言葉があることくらいは知っていて欲しいと、今回感じた。