0時過ぎ帰宅

c0038230_12154024[1]


 今日(27日になったので昨日)は 宮城県の自死遺族支援連絡会の会合

 官民連携

2006年から続いている

     自助グループの活動を広めているが

       他の支援の方法を否定はしていない

   行政は行政にしかできないことをする

    ボランティア団体ならではの支援がある

   支援者という立場だからできるものがある

 遺族当事者だからできることもある

     それぞれが 認め合い連携し合い 協力しあい

       当事者の求める者にできる限り応える・・・・

   当事者の意見を取り入れていく姿勢が大切

過労死・過労自死「東北希望の会」の代表と 話し込み

    0時が過ぎた|

慌てて 解散


    でも ゆっくりと話し合うことは大切

  


          27日は「つむぎの会」仙台

      子供を亡くした親の会

       雨が晴れることを信じて・・・・

   
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント