書いてはやめ書いてはやめ・・・

アズキナシ100503a-l[1]

昨日からブログを途中まで書いてはやめ・・書いてはやめ・・・て
      6回目の挑戦

    死んだ人が一番かなしい・・・・・・・と 亡くなった祖母の口癖

   祖母は 娘を亡くしていた

朝晩 仏壇に向かい お膳を供えお経をとなえ 
最後に必ず 全ての仏様と先祖代々と亡くなった人たちすべてのために、 手向けます、と唱えていた

  母も同じようにしていた(母も子供を亡くしている)

  最も悲しい人は亡くなった人…という思いを抱いていたら
        人にやさしくできる・・・と  私は思う

   自分の・・・生きている人間の煩悩を自戒しようという気持ちがうまれるから・・・

     昨夜 蛭子さんというタレントが 
人の死の話は「面白い」
「悲しい」と思ったことは一度もない

悲しいと言って泣いている人は偽善者であって本当は悲しくないはずだ!

    と語っていた

    そのせいかどうかはわからないが
 彼はどんな時も自分は絶対に悪くないと主張

金があればいい…楽して稼げるからタレントがいい…漫画なんて描きたくないし…適当に書いている

子どもだって欲しくないのに…女房が。。。。。。とのコメント

      彼を見ていて思った

 程度の差はあれ こんな人たちが多いのかもしれない・・・と

     まじめに働き真面目に暮らしていこうという人には  暮らしにくい社会になったのだと・・・

昔が全部いいとは思わないし、今の世の中のほうが 便利になったのはありがたい・・・が

       金がすべての世の中で幸せなのだろうか・・・

    人を蹴落として自分が生き残って…幸せなのだろうか

         人の不幸で 金を稼いで・・・・・いいのだろうか

      それが許される社会・……それが今の日本

   それでいいのだろうか

         物があふれ・・・・・・金さえあれば何でも手に入る

        それで幸せなのだろうか

    自死の問題に関わって 有名になった人たち

          亡き人たちのたましいを意識したことがあるだろうか

     意識したら  有名になろうとも思わない・…金儲けにしようとも思わない

     たぶん  自死したひとの事なんて  考えてもいないだろう

      息子が最も苦しんでいた時期が…14日~~~

          今も 誰かが苦しんでいる・……私は無力

       祈るしかない   死なないで・・・・と

                   

            
             
  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント