しあわせ・・・って何?

20100810182103[1]


幸せってなんだろう

    健一が逝ってから 幸せという言葉が嫌いになってしまった

   幸せ・・・楽しい・…ハッピー  至福・・・・ 幸福

        使いたくない・…いいたくない・・・・

  「 なぜ生きる」  「生きる意味109」 こんなタイトルの本が売れているらしい

    苦しみの人生が「この世の幸せ限りなし」に転じる・・・・らしい

   どんな人でも「生死の一大事」を解決すれば、本当の幸せになれる・・・らしい


     こんな本が売れるということは「幸せ」な人が多いということなのだろう

       ずっと以前から新聞の1面に広告が掲載されている

      息子が逝く前の私のように

    幸せな不平不満を思いわずらい
生きている
贅沢な人たちが大勢いるんだなぁ~と   

      冷やかにみている  私がいる

      …自分だけは・・・愛する人が死なない…と思っているんだろうなぁ~

    自分の子供は死なない…と思っているんだろうなぁ~

    幸せな人たち・・・・

          愛する人を突然に喪うと…・人生観が変わる・・・

    幸せの価値観も変わる

       こんな本なんて読まなくても   たった1回の経験で

             これでもか・・・と  人生を教えられる

命を教わる 人生の意味も教わる

      たった1回の 子供の死で  十分すぎるほど 幸せの意味を知る

    愛する人の突然の死を経験しないで生きられる人は

      幸せの意味や生きる意味を本から教わり  

    希望が湧き、前向きになれ、生きる力を与えられ素晴らしいと絶賛できるようになるようだ

       すごいなぁ~

   人生の目的は何か…こんな毎日の繰り返しにどんな意味があるのだろう・・・

          って  悩んでいたころの  自分に戻りたいが戻れない

 息子が生きて戻らない限り・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

田中さん、

愛する大切な人を喪って、私も<しあわせ>が不幸から何かよ~く、分かりました。

あの日から私の人生は薄暗がりの<余生>です。