うつ病の受診が増えたら自死が減るはずでしたよね…専門家の皆さん

20121005113326.jpg

明日は「藍の会」のわかちあいの集い

 いつもは月の最後の土・日だが

    たま~~~に 仙台市の行事が施設で開催されると…貸切状態で
      民間団体は借りられない


   新しく参加される遺族が 多い時は  複雑だ

        防止の活動が役にたっていないことに心が痛む

   毎年300人~400人と 新たに自死遺族からの連絡を受けて

思う    200億円の税金を20数年投入して

     教授たちが偉そうに講演して
   論文を書いて  発表して

        研修会やゲートキーパー養成をして

      役にたっているものは  ひとつもない

    やっぱり

   遺族である私たちが主張する対策が施行されないと 減ることはない

    3万人切ったというが   それは  借金の問題の自死が少し減った

 これは 専門家たちが 頑張ってきたから・・・

     ということは  私以外にも認めている人が多い

        しかし

  その他の原因はどうだろうか

       いじめも相変わらず

   パワハラも相変わらず

         言葉の暴力で追い込まれる人は減らない

  そして  精神科に受診して自死している人は増えている

       東北3県被災地は増えている・・・それもほとんどは精神科に通院中

     精神科の受診率が高くなったら   自死は減る!ということで  

     自死の専門家と自称する  精神科医たちが 主張してきた

  今も   受診率が低いから  自死が減らないんだ!
もっと多くの人が精神科の受診を!!!といっている


   今も うつ病の2割しか受診していないと・・・有名なY/T教授は本に書いている

  うつ病だといわれている患者 は  以前の「2・5倍」に増えている

それでも2割だという T教授

   以前の10倍に増えないと  自死は減らないというのだろうか

受診率が2・5倍になり、通院中の自死者は2倍に増えた・・・・

  10倍になったら   この確立だと   8倍には増える

      約2万人の自死者は精神科の薬を飲んでいる人たち

   この8倍

     16万人の人たちが自死しても

  まだ  受診が低い・・とでもいうのだろうか


      行方不明者が年間3万人  不審死が5万人
     
        といわれている

   不審死の中で自死ではないだろうか…という人は多い

         福江不明の人たちも「遺書」を残している人も多い

   がしかし  遺体の確認を医師が行わない限り  行方不明

御嶽山の「心肺停止」は遺
体があっても医師が死亡の確認を行っていないから「死亡」ではなく「心肺停止」

   だから行方不明は例外を除き 7年間の行方不明という理由がないと死亡にはならない

   しかも  自死かどうかの確認はできない

    崖からの飛び降りや  病院・橋・船等々の  飛び降りは不審死が多いし

     3万人どころではなく

  実質は 倍の6万人7万人の自死者だろうとも言われている


       「悩み」は病気ではありません

    ここ数年  脳梗塞や末期がん難病の人にも「精神薬」が処方され
(自死が増えている)

   末期がんという告知による落ち込みや抗がん剤による気分の低下

    それらが「うつ病」といわれて   

 同じ病院の精神科につながれて

  抗がん剤の薬と抗うつ薬を同時に飲まされている

        脳梗塞で身体が不自由になったりすることによる落ち込みも「うつ病」といわれ

   脳梗塞の薬のほかに「抗うつ薬」

  リハビリをする気力も失せて  動けなくなる脳梗塞の患者が増え
    自死も増えている

     自死者の精神薬を飲んでいる率は  年々高くなっている

    若い世代ほど増えている

         海外は精神科の治療体制が日本ほど薬オンリーではない

     どれほどの人が死ねば  間違えを認めるのだろうか

       おそらく  どんなに人が死んでも  今の対策の中心となっている専門家は

       改めずに  死んだ人が 悪化した…というのだろう
       
死にたい気持ちに寄り添って・・・という  ことばが  物語るように

    本人が「死にたい」から「死んだ」と思っているのだから

       

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ゲートキーパーは、道を聞く際のまるで交番。不味かろうが、ソバ屋を聞かれたら教える。
見守りは、まるで見張り。
死にたい気持ちではなく、このままでは死んでしまうかもしれない、怖い、助けてという、真っ当な気持ち。出発点。

全てではありませんが、悲しいことに蔓延していますね。分断された立場の壁を越えられないんでしょう。美味しいお蕎麦屋さんをコッソリ教えてくれる、
チャーミングなお巡りさんが必要です。