人間らしさが精神病? 金の力は絶大だ!

ki29miyagi[1]

20日 シンポジュウムに お久しぶりの遺族が夫婦で参加してくれた

   思わず 抱きしめてしまった

  二人の娘を亡くしている

   かける 言葉は見つからないが  一緒に歩いて生きようと思っている

   この人の子供たちも精神薬の犠牲者

    自死者の多くは 精神薬を飲んでいる

    死にたくないから病院に行き、薬を飲む

  しかし   どんどん悪化し  死んでしまう

       心不全という形での死亡も  精神薬を飲んでいる人は多い

   仕事が見つからない

     恋人と別れた

 友人と喧嘩した

        職場の上司とうまくいかない

      学校でいじめられた

先生に叱られた

       残業が多い

      家のローンが返せない

       家が狭いが引っ越しもままならない

夫婦喧嘩が多い

       収入が減った

 会社経営が思わしくない

          親の介護が負担だ

    近所付き合いがうまくいかない

    病気になった

      家族が死んだ

家族が病気になった

     些細なことから大きなことまで

 人は様々な悩みがうまれる

     そして気分が落ち込む

     それは「うつ病」ではない

抑うつ反応   正常な人間の反応である


    人間として正常な反応を「うつ病」と診断して

    抗うつ薬を処方する

または  統合失調症という診断や 躁うつ病(双極性障害)と診断されてしまう


     そして  麻薬と同じ成分の精神薬が処方され

        本当の病人になっていく


  薬によって脳神経が破壊され・・…精神病になってしまう

  壊れた脳神経をもとのように戻すのは 難しい

      しかし 使われていない脳神経を活発化させ

    元の自分に近い人格を取り戻すことはできる

悩みや苦しみ悲しみは「精神病」ではない

  病気ではないのだから「薬」は必要ではない


   簡単な
話しである

    製薬会社と医師会の利益のために

 自分の人生を犠牲している人たちがあまりにも多い


  無知は罪である

  私も無知だった   だから 息子を死なせてしまった

       無知であったが故の私の罪である

  罪滅ぼしの活動をしていく覚悟である


     精神薬では 幸せにはならない

        地獄が待っているだけである
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント