自死への差別的な問題・・・・ひどい

img04_l[1]

ある弁護士の・・・・・・は

 「弁護士の机の上」というブログからの引用

     親しくしている弁護士です


        毎日遺族からの電話があり・・・悲しい話

            具体的な相談・…・解決のために法律の専門家につなぐことも多い

   総合支援を目的としている活動

        求められた支援にどんなことができるのか…判断し

     つなげる場合もある・………私で大丈夫なこともある


       遺族が100人いれば100人のそれぞれの問題がある

    生きてほしいと願う活動は「総合支援」そのためのつなぐ活動と連携

      昨日から  ひどい賃貸物件の問題が起こり

  憤り 怒りで爆発しそうな気持ちを抑えながら

           つなぎ  お願いをしています

       自死というだけで
   どうしてそこまで 言われなければならないのか

  どうして   部屋の全面改築になるのか

     玄関の鍵まで  祟りがあるのか

     電気のスイッチまで 気味が悪いのか

      水道や排水管まで  瑕疵なのか!

     ただそこで死んだだけ

   突然死なら  何にも請求されないが

     不審死も何にも請求されないが

       孤独死も何にもされないのに

   自死だけ   天井板から壁紙・・トイレはもちろん台所 床板・・・・

        2kでも 300万400万の請求

     そして 家賃の補償金

  次の人が入るまで

  隣の部屋もその隣も  契約期間が切れたら空き家になるので  入るまでの補償金請求


  泥棒のような 大家と不動産屋と弁護士


       空き家が今までもあるしこれからも続くので債務整理しなければならないほど追いつめられている

        だから3部屋分の家賃を次の借り手がつくまで払え!!!という請求

        取れそうな人からは なんでもかんでも取ろう…という考えのようだ

       遺族に対するお悔やみの気持ちなんて  ひとかけらもない

         亡くなった人への 気持ちも  針の穴ほどもない

     許せない
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント