22日は息子の誕生日 生きていたら43歳になる

img253[1]

  亡くなった息子の誕生日は必ず お墓詣りに行くことにしている

  昨年までは家族3人で・・・・

   誕生日がお彼岸なので  納骨も誕生日にした

       命日もお墓詣りは行くが  最近は私だけが多い

      次男も一人でお墓詣りに行くようだ

    人は

   言葉で傷つく・・・・・

         自分の言葉も相手を傷つけているかもしれない

      それを 許してくれている人が やさしい人と感じるのだろうと思う

    悪意があっての言葉の暴力は論外である

          人間としてしてはならない

                しかし普通の会話の中で   「え!」と感じることもある

        だが相手も私の言葉で[え!」と思うこともある・・・・・のだと  想像を働かせ

      自分だけが 我慢しているのではなく

      相手も我慢してくれているのだと・・・思うことも必要

    
          お互いに思い合うことができたら

               信頼できる関係が・・・・・

居心地の良い関係が・・・・

       できるはず


      そんな人たちが増えたら  社会は変わる
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント