FC2ブログ

またまた、住むところもない被災者に「心のケア」を押し付けている

F1000258.jpg

こころのケアが大流行り

  災害が起こるといち早く心のケアチームが駆けつける

     広島の災害には、今は  泥をかき出す支援が必要・・・・

住むところも含めて生活支援が先

    全壊した人だけでなく・・・・今後住むことが不安な人たちにも住居支援は大切

     泥に埋もれ 泥が流れている状況で

       いつまた 崩れるかも知れない不安
 
    具体的支援が追い付いていないことを隠すかのように
(隠ぺい工作?)
こころのケアチームの派遣が大きく取り上げられる

      東日本大震災の時も同じ

 今も復興住宅に住めない人たちが大勢いる

  狭い仮設や狭いみなし仮設に住んでいる  3年半も

          心のケアの充実を!!!!と言っているが

 具体的支援の充実を!!!!!である

   住まいの充実を!!!!!!

 またすぐ冬が来る

      仕事をさせてください…仕事がないんです・・・

流された家のローンを払っているんですが

      なんとかできないでしょうか

     災害復興住宅も応募資格が細かくて……・空室だらけの地域もあるのですが

        いつまで空室のままにしているのでしょうか

これから被災者が車いす生活になるのを待って 入れるのでしょうか

     被災者よりもペット優先がいつまで続くのでしょうか

   人を住まわせてくださいませんか


    不安です・・・いつまで待てばいいのか先が見えませんから

    不安なのはうつ病というんですか

       精神科に行くことが必要なんですね

    ~~~~~~~~ と いう流れ

     以前と同じようには望みません

     住まいと仕事
そして
家族が一緒に…スーパーも近くに欲しい

  未だに仮設住宅…不安です

    心のケアではなく   普通の住まいが欲しい

      こころのケアは 薬を飲ませるだけだから

  手も汚れないし、疲れもしない・・・

      その後  精神薬を処方された人が自死すると

  本人のせい・・・・(私たちは懸命に心のケアをしたんですが・・・とでもいうのだろう)

  東北3県の災害関連自死と同じことが語られるだけ

   心のケアではなく  先に  まず先に  生活できる支援  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR