FC2ブログ

また 精神薬

F1000213.jpg

東電を訴えていた裁判が勝訴・・・・・・

  それはそれでよかった…と思うが

  亡くなった人は「うつ病」ということで精神薬を飲んでいた

     死にたくないから精神科に行き、精神薬を飲んでいた

   精神科医は「そういう病気だから」「死にたくなる病気だから」という

     死にたくなる病気なんてない

        うつ病の発祥は圧倒的に女性に多い

  ならば 女性の自死が多くなければならないが

  実際は  ずっとほとんど同じ数

  男性が圧倒的に多い

    なぜ・・・・うつ病が自死の原因なら 女性が圧倒的に多いはず

   うつ病は死にたい病気ではない

       100歩譲って  うつ病が死にたくなる病気だとしても

  死にたい人は医療にかからないし薬も飲まない

  死にたくないから  生きていたいから 
  薬を飲んで元気になりたいと一生懸命薬を飲んで・・・・・死んでいる


    数多い患者の中には死ぬ人もいる…と医師はいうが

    末期がんの患者と比べる対策の中心人物もいるが

        うつ病はガンではない

  「うつ病は心の風邪」のはず

   風邪でそんなに死ぬのだろうか

 風邪で何年も治らないのだろうか

 風邪で40剤も飲むのだろうか

        言ってることとやっていることがメチャクチャ

      理屈も屁理屈も通らないような

     ご都合のいいことばかり…

        精神薬を飲んでいなければ    苦しくても生きていたのかもしれない・・・・

    と ニュースを聞いて思った

      心のケア・・・・・・・・・の見直しが必要だと強く思う

       善意で 人を死に追いやっているかもしれないことを

      支援者は 自戒してほしい
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

泣きました

ニュースを観て泣きました。
私は、原告勝訴で良かったと思っています。
原発事故がなければ、精神薬を服用する必要はなかったはずですから。自然災害だけなら何年かかってもいつかはふるさとに戻れる希望を持てたのではないでしょうか。

精神薬の多剤処方に対する診療報酬の見直し実施は10月からだったでしょうか。記憶違いでしたらすみません。多剤処方による被害が少なくなれば良いと私も願っています。

No title

被災遺族の気持ちを代表しての提訴、被災遺族の気持ちに配慮しての判決内容だったと思います。今後の同様の裁判に一石を投じたと思います。
ただ過労自殺に比べると、そこから何とかしたいという状況は変わらないのに、福島地裁ということもあって、ひいき目の判決に見えました。金額も高い、過労自殺はこれに比べると却下される確率が高いと思います。
「生まれ育ったところ」というけど、生まれたところが必ずしもいいところとは限らない、因習で陰湿なところもあるし、生まれ育ったところ、=いい所とは言えないです。
美談にしているように聞こえました。
今まで58年間そこから出ることなく、よほどいい暮らし、いい思いをしていたのでしょう。きっと。仮設で大変な生活をしている人はまだまだいます。
東電の後ろには国がついているので、このまま終わらないと思います。このような事例にいちいち対応しないと思います。廃炉の費用だけで手いっぱい、メガバンクもからんでるので。とりあえずいい結果だったとおもいます。
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR