会に参加してくれる人たちに許されて・・・・・し続けられています

F1000288.jpg

自助グループもサポートグループも  人…運営する側の人…参加する人の人柄・・・

 それが相まって  会のその時の雰囲気を作る

   人はいつも同じ雰囲気ではない

 絵の具を交えるように   その時々で  会の色は微妙に変化する

     その変化をどのように 激しくさせないか・・・・

     いつでも 誰が参加しても   同じような色を保てるか・・・・

    それが  主催する人の役目

   しかし  決して  同じ色にはならない

      会は 仲良しクラブではない

分かち合いの会として公開して開催していたら

   新しい参加者・・・・・悲しみでいっぱいの遺族が基本

     それが「遺族のわかちあいの会」

   だから  卒業もある

     遺族も人柄がでる

     合う合わないはある・・・

           同じような体験をした遺族だから・・・・必ず合うとは限らない

  多くを求めないこと・・・

     その時々の 参加している遺族の雰囲気から・・・・

       会の雰囲気をどのようにするか・・・・・・を  瞬時に判断して

             雰囲気つくりをするのが  主催者の役目

    私はいつも  反省してばかり・・・

   参加している遺族のやさしさに  許してもらい・・・・・・・

    甘えさせてもらい  時間をすごしている

        新しく参加した  悲しみの激しくある・…遺族も   思いやりを持ってくれている

     亡くなって  1か月…2週間・・・・・でも   まわりへの配慮はある

        皆さんにいかに  リラックスしてもらい

          泣き・笑い・怒り・憤り・おだやかに微笑み・気づき・
        話してもらえるか・・・・

          自分の人間性が問われる時間

    煩悩だらけの私は   

     自戒し・・・自戒し・…・後悔し…懺悔し

       許されて   会を続けています

   許し・許されて・・・・・

         そんな関係でいたい・・・と
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

生ものですものね。よく分かります。