製薬会社と医師会の広報に比べたら 大海の一滴

F1000280.jpg

 精神薬の効能の宣伝は 金のある製薬会社の力はすごい

  全く副作用は宣伝はしない

(当然ですが)

      医師のほとんども 副作用の説明はしない

    私たちの知る情報のほとんどは 精神薬が「幸せクスリ」のような錯覚さえ覚える内容

      それでいいのか・・・・それは一方的な言い分だと批判する人は少ない

  なぜ・・・・・精神科医療にお世話になっている人が  多いから

      信頼して 薬を飲んで  治らなくても  現状維持でも  悪化しても

         医師を信じるのが 自分の安心

       治りたくないのか・・・・

    私は様々な精神疾患については  知識はない

       しかし  精神疾患と 負荷のある抑うつとは違うことはわかる


    過激だとよく言われるが

      負荷のかかっている抑うつ状態  の  人に

  いきなり  うつ病という診断で   抗うつ薬や抗不安薬、統合失調症の精神薬はひどい
       と   言っているだけ

     石巻市の被災者が 仙台市に引っ越して   慣れない土地で
夫が 船乗りで  留守がち・・・の 人が
     不安で熟睡できないから・・・と  心療内科に・・・

  いきなり  エビリファイ・パキシル・・・・マイスリー・デパスの処方

    薬を飲むと   身体が震えてしまうので  医師に伝えたら  慣れてくるから・・・と

       今は  別の医師のもとで減薬~断薬~カウンセリング

  サロンにもたまに顔を出して  元気で生活している


     これは  変ですよ


 7年10年、15年 薬を飲んでいた人が

  別な医師の処方で  回復   薬は飲んでいない

みなさん   普通の暮らしをしている


   それはどういう意味を表しているのか・・・

     精神薬の全否定はしていない

       問題を抱えているなら  問題の解決が先  か 

 少なくとも問題解決も視野に入れて…の精神療法    

     問題はどうでもいいから

     精神薬をとりあえず飲ませてみて

 抗うつ薬で  効き目があったら  うつ病

統合失調症薬で効き目があったら 統合失調症

   って

    効き目がない時は  薬を増やして・・・・

     カルテを見ると  15錠とか飲んでいる人は  病名が複数


  東大の精神科で  20個以上
                の病名という人がいた(梅毒も)

   わたしのつぶやきなんて  大海の一滴にもならない程度の話

       富士山という山を  縫い針で突っついているようなもの

     気が付いた人が、自分で治るだけ

   このブログなんて  何の影響力もない

       ただのひとりごと

  ひとり言の中から  つぶやきの中から

      本人が何かを感じ  治ろう!と思えば治る

    本人が何かを思い  悲しみとともに生きよう・・と思えば生きられる

      本人が選択するだけのこと

       賛成意見もあり
  反対意見もあり

       効能もあり  副作用もあり

      両方の情報を知り・・・・・・そこから 選ぶのは自分

  偏った情報だけの氾濫は   民主国家ではない

   それは共産国家

  情報が操作されることなく  たくさんの情報が得られ・・・

  選択肢が広がる方が  自分の力量が試されるから 厳しい

     責任も自分

     日本人は  与えられる方が 合うのかもしれない

   それは  教育  教育は政治力

     製薬会社と医師会の広報に比べたら

           ささやかな  微々たる運動…ミクロの運動

     無力な活動です

     
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一人の叫び

が 又一人に繋がり やがて沢山の苦しんでいる人に 繋がると思います!!
薬で 人生を左右しない為にも
この広がりが大事なんだと思います!!