追い込まれた人たちの最後の砦・…・

F1000278.jpg
  昨日は午前中

病気でご主人を亡くされた方からの電話

その後に精神薬についても相談

   その後  自死への差別的取扱いの相談

   事務所に行き・・・・・「藍色のこころサロン」

 初めての人も来て・・・・

   2時半すぎに  サロンを任せて   仙台駅に

     七夕と夏休みで  指定席が取れず  
 ジパングでの割引も使えず
(みどりの窓口の待ち人数があまりにも多く 新幹線に間に合わない)

  デッキに立って・…・仙台から東京へ

    自死の 差別問題の研究会  東京の会議室を借りて

     弁護士・遺族・たちと  ~~~~~みなさん自前

     もちろん私も自前…費用のすべては自前~~~

  泊まって・・…今朝仙台~~~

 またまた  満席が一日中~~~デッキに立って東京から仙台

     遺族の「茶話会」

     七時帰宅・・・・

その間に  9月の打ち合わせや   遺族からの電話

      二次被害相談センターのHPの相談

   仙台の司法書士との  話し合いの日程調整

   その間に  精神科医療の相談

    メールで  東京在住の女性から 
「1年かかりましたが
      ようやく断薬の離脱症状の苦しみから抜け出して
元気にくらしています ありがとうございます」

と もらい

    よかった・・・・・と  

  昨年正月早々に 母親と一緒に我が家のあるマンションのパーティールームで

       話し合いをし…その後もサロンにもきて・・・
    東京の医師を紹介したひと

      多くの人から  元気になりましたと連絡が来る

   活動してよかった・・・と 思う瞬間

 精神科医療の相談を受けて

     継続の精神科医療が必要だと思った人は数人

   99パーセントは回復の道をたどる

     全快の人も多い

年間200~300人以上  精神科医療の相談を受ける

      受け皿になってくれる専門家が存在することが

      大きな力

     専門家の受け皿があるからこそ 相談を受けられる

   感謝である

        いつも書いていますし・・いつも話していますが

   精神薬を飲みたい人は飲めばいいんです

  無理にやめなさいとは言う権利もないですし
      いう気もありません

     本人がよければ   いいのですから

      私はこんなふうにおもいます・・と  書いているだけ

    わたしのブログを見て不安になることはないとおもう

  自分が精神薬を信じ医師を信じているなら  飲めばいいんですから

     飲んで元気になったらそれでいいんですから

    飲んで  楽しく明るく元気に幸せに暮らせたら  それでいいと思います


    笹井さんのことも  週刊誌や新潮45でも  散々書きたい放題書いていますが

      それはそれ・・・・・それぞれの意見

     追いこまれて…・・最後の最後の救いを精神薬に求めた・・・

  人が追い込まれて  死ぬほど苦しいが  死にたくない・・・から

  精神科にいき 入院したはず・・・

     精神科は 追い込まれて死ぬほどの苦しみの人が

      精神薬で 少しでも気持ちが楽になりたい…と思いたどり着く

    死にたくないから   すがる思いで   精神薬に頼った・・・とおもう

    死ぬ気持ちを救うために 精神薬があるのではないのだろうか

    死なせないために   死にたい気持ちを軽減するために

     抗不安薬や抗うつ薬があるのではないのだろうか

     ならば  なぜ   多くの人たちが  精神科に通院して入院して自死するのだろうか

      追い込まない社会を作ることが必要だ・・・・と ずっと訴えてきた

      普通の人を 抑うつ症状に追い込まない  社会

          活動は  そのことの訴えである

しかし       追い込まれてしまったひとたちが  最後に救いを求めるのは

    精神科医療

  そこが  しっかり治療をしてくれていたら

      自死者はこんなにでない

    精神科医療が正常に機能したら

     自死は1万人以下になるだろうといわれている

   いつもいつも 精神科医療の相談を受け

  後始末をしている

   治してくれる医師がいる

     治してくれるカウンセラーがいる


      自分には甘い私です

     だから  24時間受け付け相談を8年以上続けてきました

    自前で活動も続けています  甘い私です

  人には厳しく自分には甘い・・・・

      それがわたし・・・・

 だから 権力と戦ってきました・・・


  最近も家族で元気になった人がいて・・・・

      活動を続けてよかった・・・・と

     
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

本当に頭が下がります

薬の勉強もしないで金儲けに走る医師も居れば、幸子様のように身を削って被害者救済に尽くす人も居る。

100%の悪人も100%の善人も居ないのでしょうが、まさに天と地の差です。

震災の時にも思ったのですが、こういった立派な行いはもっと周知されれば良いのに。
(ヤッカミを受けるので難しいでしょうが、芸能人とかは出来れば公表して欲しい)

そうすれば子供も、世の中は虐めばかりじゃ無いんだ、こんな立派な人も居るんだ、自分もそういう人達を見習いたいと感化されると思います。

私にはとても真似は出来ませんが、せめて善意の方々の足を引っ張らないようにはしたいです。