FC2ブログ

夢・こころ

20120726111933.jpg


今日は久しぶりに石巻の「つむぎの会」に行きます。

 みなさんにお手紙をだしてみました・・・


今朝、夫は息子たちの幼い頃の夢を見た・・・と、さみしそうに・・・
黙っていたけど、私は夫の兄と両親の夢を(なくなっている人たち)

息子が亡くなる前は、小さい頃からいつも夢は,なくなった人の夢・・・
  生きている人の夢はほとんど見なかった・・・

   夢なのか現実なのか…飛んでみたり・どこまでも落ちてみたり・・・金縛り?のような体験や、
    重くなったり・・・人影が寄ってきたり・・・夢!夢?多分・・・

いつも寝ているとき・・・だから、寝るのが怖かった暗闇で・・・

一人で寝るときは・・・いまも…家中の電気をつけて寝る・・・
誰かいたら、平気・・・


そんな、私が息子が亡くなってからは、一切亡くなった人の夢を見なかった
     見るのは生きている人と、息子だけ!

1年くらい前から、また亡くなった人の夢を見るように・・・息子以外の・・・

息子はよく夢に現れる・・・

死は怖くない・・・死のうとは思わないけど・・・




昨日ネットである団体を見たら・・・ご丁寧に・・・カナダの遺族の気持ち・・・アメリカの論文・・・
 
文化の違う人たちの気持ちを、そのままに、日本人に当てはめようとしている心の専門家ってなに?

自死遺族の専門家・専門団体と自負して、世間も認めている割には・・・自分たちでの論文も研究発表も独自の理論も持っていない!


海外の理論を翻訳したものを、丸ごと引用しているだけ!

そんなひとたちを、遺族の心の専門家と認めてはならない!

そのひとの
心の専門家は、その人自身


自死対策も・・海外の考え方は参考程度のもの・という認識がなければ
   日本では通用しない

なぜ、日本独自の対策を講じようとしないのか・・・・
    文化や風土が違うことを前提に・・・論じなければ・・

海外の考え方をそのままに受け入れて、押し付けようとしている人たちは
     立派な日本人そのものの生活をしている・・・
 食べ物も飲み物も・生活様式も、親戚の付き合いも、人との付き合いも、子どもの育て方も
     日本人そのものの人たち

なんで、自死対策やこころや悲しみは海外の人たちの考え方、感じ方が正しいもの・・・それに当てはまらない日本人の心が異常!なのか・・・・






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR