解剖したいという気持ちは精神病なのだろうか・・・

F1000277.jpg



般若心経はほとんどの宗派は唱えるのはOK

   浄土宗もお坊さんは唱えない
  
   実家の日蓮宗も日常は唱えないが  唱えてもOK




F1000278.jpg




     同級生殺害の女子が精神科に通院していた・・・ということが報道されている

     精神科の通院では  精神薬の処方だけ

       彼女の心の闇は  病気ではないように思う

   解剖してみたい・・とか  猫を解剖した・・・というのは

       なぜ  そう思うのか…があるはず

   どうして人を殺したいという気持ちになったのか・・・

  それは  精神病ではない…と思う

   人を殺したい病ってあるのか?

    何かが彼女にそういう気持ちを持たせた・・・のだろう

      なぜ精神科だったのだろうか

    カウンセリングに力を注いでくれる医師なら・・・・

        彼女を心の闇から救ってくれたかもしれないが

     精神薬では・・・・・・・・無理

   同居していたら親が殺される危険がある…という理由で

   子供を一人暮らしにするのは

  親だけが助かればいい・・…という考え

  子供をますます 闇の中へ追い込んだとしか思えない

  精神科医のアドバイスは  子供の心を見ていない

      精神科の薬は  攻撃性を高める副作用ももっている

   どうだったのだろうか

  心の闇は精神科の医療では改善されないことを証明したような事件

        殺された子供のいのちも
 殺した子供の心も
           有能なカウンセラーとセラピストとつながったら救えたように思う

    
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

その通りだと私も思いました。
どうしてバットで親を殴ったか、
どうして親なのか、
その時カウンセリングしていたら、
悲劇は起きなかったと思います。
行為そのものではなく、行為を引き起こす原因を解消しなければ何も解決しない。