FC2ブログ

悲しみは愛しさ

最近・・・相談をうけたひと

朝10錠・昼10錠・夕方7錠・寝る前14錠  ろれつが回らない・・・酒呑んでべろんべろん状態の人と同じ言い方・・・

10年前は会社で働いていた・・・

精神薬飲んで10年・・・次々にクスリが増えて・・・いま、36歳  統合失調症らしい!?


あるお母さん、子どもが亡くなって精神科に行き、抗不安薬と抗うつ剤・・・睡眠導入剤
   ある時、悲しくてご飯が食べられなくて、でもクスリは必ず呑むように医師に言われていたから、クスリを呑んだら・・・背骨と肉がバラバラに離れてしまうような感覚に襲われた・・・

怖くてクスリをやめた・・・

呑んでいたときは、悲しいのに、ヘラヘラ笑える自分がいた・・・泣いているのに笑顔のルンルンの自分がいた・
心と感情のバランスが完全に壊れていたようだ・・・と回顧している

今は悲しいときは悲しいし・・・普通の感情だって受け止めているから・・・って。

愛する人が突然に死んで、悲しくて混乱するのは普通・・・

    将来に希望が持てなくて普通

子どもが死んで、毎日が楽しくて、食欲もあって、何を食べても美味しくて、趣味も楽しめて、心の底から笑えて、グッスリ眠れて、あまり思い出す事もない!

悲しみから回復して、ルンルンの毎日


   変ではないでしょうか・・・人間として


悲しいのは愛しているからです

  悲しみは消えないもの  物質ではないんです
    
   遺族のみなさん・・・支援者が語る悲しみについての講釈を聞いても指針にはなりません


今まで
悲しみとは愛しさとともにある・・・

悲しみもまた、わたしのもの


深い悲しみは、深い愛の証し・・・こんな優しい言葉を誰が言ってくれたでしょう


人間が人間らしい感情を持つことを、コントロールしようとするひとたちは・・・

同じような体験をしてみるとよい・・

体験して、子どもが突然死んでも、悲しみを取り除こうとできるのか


海外の人生観ではなく、日本人は日本人の人生観・死生観でいいと思う

人生観や死生観は、人真似では納得できないもの・・・

自分は自分の心の専門家として、ごまかさず、向き合うことである

人は人・自分は自分

   
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ。
田中さんのおっしゃる通りです。子供を亡くした悲しみは何年経っても、
癒えません。
私はむしろ強くなりました。
悲しいままで良いのです。それが愛情であり自然な事だから。
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR