子供を亡くすということ




F1000237.jpg
子どもが自死

    その親に対して「親の愛情が足りない」とかいう人がいます・・・

   親の責任だ・・・と

 言われなくても 親は責任を感じています

   自死でなくても

 事故でも 津波でも  病気でも

  親は  わが子の死に自責の念は強く抱いています

     ただ

   愛情が足りない   と  なぜ決めつけるのか

   一人っ子で やっと授かった子で

   愛情を注がない親がいるでしょうか

     その親にも 愛情が足りないといえるのか

        そういうふうに言うと  今度は

   甘やかしすぎだと…いう人がいる

       他人の悲しみにコメントするのは  人としてどうだろうか

   「見守りましょう」「気づきましょう」
という ゲートキーパー

 関心が高まるのは よいことですが

   遺族が見守らないから、気づかないから自死した
   自死を防ぐには
気づかない家族ではなく
    見守っていない家族ではなく

  民生委員や保健師や床屋さんや近所の人が気づきも守ることが必要

    って

    変です

   自死について関心をもつことは  他人ごとではないという意味ではいいと思う

      が 
それは 自分の家族への気づきや見守りが
      よりリアルに感じる意味で防止になるかもしれない

    遺族は まさか  自分の家族が死ぬなんて・・・・・

ある日 突然に 遺族になる

   他人は  相談を受けるだけ

   相談されないと  わかるはずがない人の悩みが・・・・

   会うこともない

     夫が入院した時も

  誰にも言わなかったから   実家の兄弟も知らなかった

      近所も誰も知らなかった

 知らなくて普通
  知らせていないから・・・

      亡くなったことだって  知らせなければ知リえない

    そんなお付き合いが家族でなければ普通のこと

    微妙な変化に  近所の人が気づくわけがない

そんなにご近所に関心があるとしたら  ストーカー的

       ゲートキーパーの目的が違う

ゲートキーパーの養成を受けたひとたちが
  自分の家族に役立てることができるだけ

     息子が今生きていたとして

   ゲートキーパーといわれる人に相談はしない

    相談を受けた家族は

   以前とは違うだけ

     官舎から民間の住居に引っ越し

      警察という仕事場から   できるだけ離れさせる

       カウンセリングを受けさせる

 旅行に連れ出す

       しばらく  海外にいってもよかった  


    家族から離れるのも  ひとつだった

少なくとも つなぐ先が
精神科ではない

  息子だけ 我が家に連れてきただけでも  違っていた

 もちろん  私は仕事をやめて・・・・

     生きていたら・・・・・・・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

健一が自殺

 >「息子が今生きていたとして

   ゲートキーパーといわれる人に相談はしない」

と述べていますが、相談するか否かは息子が決めることであって、あなたが決めることではありません。
息子はあなたの操り人形ではありません。
相談するか否かは息子の判断・意思によります。

No title

体調崩して、ブログじっくり読めてませんでした。

ゲートキーパーに相談するか否かは息子ですって、正論のようでおかしな話だなあ~と感じました。

親なら子供のためを、幾つになっても思うものでしょう。
親が不安を感じるものへ行こうとしたら、
ひとまず立ち止まって考えて、という言葉くらいは誰でも出るんじゃないですか?

実際はどんな方か面識ないのでわかりませんが、今の私では、まだお目にかかりたくない方のようですね~

ブログにコメント少ないって、意味あるんですか?

ひとりごとってなってるじゃないですか!

No title

いねさんへ
あなたは田中さんのブログをなぜ読まれているのでしょうか?
また文字だけでしかわからない関係であるのに、言葉に注意されない方なんだな、と感じました。
いくら話あってもだめな方な気がします。

ここまでキツイ文字を書くつもりはありませんでしたが(なぜなのかは知る人ぞ知るです)
もう少し柔軟、寛容見られたら、コメントへの応答も意義あると思えます。

田中幸子さんが途中で対応しないと、なったのもよく理解できる文章ですね~

論点がすり替わっていることもわからないようですね。

次々頭で議論考えて~ですね。



民生委員、保健師がきちんと訓練や学習受けているとは限りません。
とくに民生委員に至っては、単なる地域の名誉職という感じで、名前貸しという方も多くいますよ。

別居しているからわからない、とか次々問題を広げることもわかりませんが。。。
別居していようと、子供は子供です。

電話もすることあれば、訪ねていくこともありませんか?

別居していればこそ、様子の変化にも気付くということあると思います。

別居だから~というのは、いねさんの偏った見方だと思います。

息子の意思とは何でしょうか?
いねさんは子供さんの意思をどんなことも、どんな状況でも尊重という名目の、見捨てをされてきたのでしょうか?

ものの見方の狭い方とは、お会いしたくもありませんね~

議論吹っ掛けても、私も相手にしません。
あなたのような人が、冷たい社会を作るんだと感じました。

田中幸子さんが、いねさんのコメント載せ続けること期待します。
なぜなら、こんな人もいるとわかるからです。

いちいち反応するつもりはありませんが、
いねさんのコメントずっと読みます。

このブログ見てる方も同じだと思います。

よけいなお世話と、失礼ですが、
地域福祉やそのほか学んでみられたらいかがですか~