精神の正常の基準は

20120624095125.jpg

 精神の障害の基準はなんだろうか

    普通の精神…正常な精神はどんなものなのか

   誰が正常な精神を決めたのか

       算数のテストの合格基準も

10歳はここまでできて普通・…と決めた人がいる

    教えたら 10歳でも15歳の基準まで覚える子が多いと思う

教わらなければ覚えないが 教えたら 高校の数学を小学生が覚えることはできるはず

     国語も同じ

小学生の時に太宰治の「津軽」や「人間失格」を読んでた・・・

 意味が理解できない言葉もある・…何度も何度も読み返した

       誰も教えてくれなくても   興味のあるものは 必死に学んだ

  大人は好きではなかった

    子供もあまり好きではなかった

    ひとりでいることが 普通だから

   みんなと遊んで楽しいが・・・・・・・いつもみんなと一緒は疲れた

        大人に反発ばかりしていた

    今なら  児童相談所行きかな

   普通の子供って   どんな子供

     精神の障害……知的障害は違う

    知的障害はなんとなくわかる

    精神障がいは基準が広すぎて わからない

   この人は普通の人…と思う人が精神障がい者といわれたり

     この人は なんか変・・と思う人が
        普通に暮らしていたりする

    世間の常識から逸脱している生活をしていても  普通の人

     挨拶も人との付き合いも・…・仕事も普通にしている人が障害者

       私も正常な精神(?)の人たちから見たら  精神障がい者かもしれない

          小説家も  我々とはどこか違う

       でも 尊敬される

     天才といわれる人たちは

     普通ではないから天才

           どうして精神障害者といわれないのだろう

   普通でないのに・・・


     正常な精神という基準を作った人は  本当に自分は正常だったのだろうか

    個性と正常・・・・・・精神障がいと どう違うのだろうか

  人は個性的・・・

      動物から進化した人間は個性が基本

       動物の顔はほとんど同じ

     犬は犬…種類が同じだと同じ顔

       人間は人間だが   みな違う

      同じような顔になる病気がある

     それは  遺伝子の病気


   個性と天才と   正常とふつう

      本人が苦しくなく、周りに迷惑をかけないなら

    みんな普通の精神の人間

   障害者ではない


      
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント