半年過ぎても設置されない・・・・

F1000013.jpg

天童市の いじめ自死から半年

   第三者委員会は設置されていない

    山形県は  高畠高校のいじめの時も第三者委員会を設置しなかった

  大津のいじめの時は  すぐに設置された

      文科省は  第三者委員会の設置をするようにガイドラインは出しているが

        ここまで・・・・


   それぞれの地域の判断で・・・と  回答をしている

 通達文書ではないから強制力はない



   通達文書は出すことができないのだろう      


  県立高校は  県が

   市立中学は市が

         権限がある 

     山形県は知事が裁判に対して闘う・・・といっているが

     大津は「真実を明らかにしたい」とコメント


    いじめ防止対策推進法ができても

        地元の関係者の意識が変わらなければ・・・・・・・

           第三者委員会も  学校側に寄り添う人たちで占められ

              遺族側に不利になることは明白

      狭い地域の中で   教育機関に意見をいえる人は少ない

    弁護士でさえも   仕事の依頼が少なくなることや
               親戚の仕事の関係があるから
     学校を敵に回したくない・・・・と
 断るケースが多い

      教育機関は地方では権威である

          大人の見栄や保身で

  子供たちのいのちが粗末に扱われる

          地方の社会は狭い・・・・

    他人の いのちよりも   権威の顔色をうかがう生活

     地方は  今も古いものが残っている

  いい意味でも・・・悪い意味でも

              

    
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント