「運」

20120730172541.jpg

健一の夢をみた

    ちょくちょく夢は見るのだが

   今回は少し短かった・・が・・・ニコニコ笑顔

 健一は 愛しい息子
             

「さよなら」も言わずに  逝ってしまった

       「さよなら」のない永遠の別れ

     子と親

    悲しみは     綺麗ごとで  語れない

      
  波乱万丈な人生~~~~~~~小説よりも奇なり・・・

         波風のない人生を送れる人はどれほどいるのだろうか

   誰の責任なのだろうか

  「運」はあるのだろう   そうおもう

    その「運」が どんなことに左右されるのか・・・・  わからない

      脳梗塞で倒れた時

    どれほど早く病院に運ぶか・…

      脳神経外科の優秀な医師がその時間その病院にいるのか

       それは「運」

 崖崩れで 一瞬で助かる人・・・・一瞬の差で巻き込まれる人
      
        「運」

  息子も鳴子警察署から塩釜警察署に転勤しなければ
     事故担当ではなく
     
 高校生の命を奪った飲酒運転の大事故の担当にはならなかった

       鳴子警察署勤務の時に  昇進試験を受け、不合格だったら
          転勤はなかった


   たまたま 受かった
   たまたま  転勤先が塩釜だった

     転勤先を決めた人事担当が 別な場所に転勤先を決めてくれていたら

       息子のかわりに 誰かが担当し・…同じように自死したのだろうか

     それとも  事故はおきなかったのだろうか

    人生は不思議の連続

  ご縁の不思議   必然なのか奇跡なのか・・・・

       偶然こそが奇跡である・・・・・という

   計画して行うことは奇跡ではない

      偶然に人と会うのも奇跡である

    右を選べば会わない人・…左を選んだから会った・・・・奇跡

    息子は  どんな「運」に 選ばれて   転勤し

      事故担当になり

     飲酒運転の事故担当になり

      上司がなぜ 奴だったのか

         「運」はかえられる・・・もの?

 息子が亡くなって「運」を気にするようになった

     今朝の健一は私に何を伝えたかったのだろう・・・

    


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント