製薬会社と大学の医学部の関係

F1000128.jpg

あああ~~~~やっぱり・・・と思ったのが 
     製薬会社と大学の癒着疑惑

ディオパンというクスリが今話題に・・・・
  

多額の寄付金

  毎度の話   

 精神科医療だけではなく、様々な医療の分野で同じことが行われているのは
       関係者間では周知の事実

   だからこそ  医師には 医師としての理念が掲げられているのだが

       理念はどこに?という医師が多くなっているのが現実

     学会に参加するのも製薬会社がスポンサー
       学会設立も製薬会社がスポンサー
   学会も NPO法人と同じで  簡単に設立できる

   特別なものではない

       だから いろんな学会が 雨後の竹の子のように増えている
特に精神科医療の分野で・・・・

    製薬会社は世界最大のお金持ち

     自動車会社の利益をはるかに超えている
     
 1回  2000億円の賠償金を支払っても  尚  その薬を売り続ける

   利益があるから・・・・

      訴えられることが多くなったら市場を変えればいいだけ

  人の命なんて  関係ない医療や製薬会社

   怖い

    いつかのテレビで医師が発言していたが

   いのちが助かるのは「運」・・・・・・だけだと・・・

   患者「さま」と呼ばなくていいので
        回復のための 治療してほしい

  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お元気ですか☆

田中さん、お元気ですか。
私は元気です。
「25人に一人という恐怖 良心をもたない人たち」という本を読んでいます。

田中さんが相手にして戦っているのはまさに、こういう良心をもたない人々です。

本を読んで驚いたのは、彼らは頭の大脳の欠陥でそうなっているということです。自らも良心がなく、また、人からの良心も認知できないそうです。良心=馬鹿という位置づけだそうで馬鹿から詐取するために偽善をふるまうそうです。

大脳の欠陥であるので彼らが本当はロボトミー手術や投薬治療しないといけないんですね。
でも現実は真逆で良心を持つ人が、その崇高な良心を持てば持つほど精神科行きになります。
大体25人に一人という割合で良心を全く持ってないのですが、上に行けば行くほどその割合は高くなるでしょう。

話せばわかるという類の人々ではないので、田中さんの活動は暖簾に腕押しの状態
の時も多々あるとは思いますが、がっくり肩を落とさないでくださいね☆。陰ながらブログを毎日読んで応援してます。