精神病製造薬と製造機関と…企業

20121017161907.jpg

京都の仏様の彫刻家作 観音様


   玄関に置いている


 宮城県内での自死者  400人前後

   仙台市が半分の200人前後

   栗原市が郡部ではダントツに多い……石巻、気仙沼…と続く・・・

    8年前は600人以上 620人・630人・・・だった

     15年前の人数に戻っている・・・・らしい

   その中で  仙台市は 若者が多い

       10・20・30代    郡部は高齢者が多い

   なぜだろうか

      市町村毎に分析はできるはず

      仙台市は ある特定の大学の学生が若者の自死の半数を占める

   なぜだろうか

      そして  10代前半で  

スクールカウンセラーから精神科の病院に行くことを勧められる子供が多い   

    その結果は・・・・・

    元気に卒業していない

     ずっと薬漬けで  社会にでることもできていない

        忘れ物が多いとか  遅刻が多いとか
   いじめられて不登校だったりとか
    思春期独特の情緒不安だったりとか
              そんな理由で   精神科の治療をすすめられてしまう学校

   野田先生の言葉を思い出す

     忘れ物が多いのは病気ではない

    遅刻も病気ではない   不登校も病気ではない

     しかし  学級の中でみんなと同じように行動できない子供は

      精神病とみなされてしまうのが現代

  精神薬を飲み続けると
  ドンドン本物の精神病に近くなり(薬害性精神病)
      それを見て・・・やっぱり・・・・という

   飲まなかった時のほうが 症状がひどくなかったのに・・・・

    飲み続けて 症状がひどくなると・・・・

      病気だという    本人も病気だと信じる

    そりゃそうだ  クスリのせいで 病気になってしまったんだから

   もはや立派な 病人

  精神病製造薬(向精神薬)・・・・・・・・製造機関(精神科医)

    裏で操っているのは  究極の利益企業  製薬会社

      今、中国にも大手製薬会社が進出  自死が増えている

韓国は 日本の次に製薬会社が進出し・・・・・自死が右肩上がりで増えてきた

  中国には  宙にそびえたつような製薬会社のビルが建っている

    これからもっと増えていくだろう


       
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント