信じる心・・・・・・私も必ず息子と同じところに!

20120904104440.jpg

金曜日 小田原のお寺さんに行く
 
  仙台に 遠慮なく話せる住職がいることは  ありがたい

    慈恩寺さんという仙台駅東口「南無阿弥陀仏」のお寺

    亡くなった長男に近い年だけど  話せる雰囲気がある

            特別熱心な信者ではないが

    仏教式で葬儀をして供養をしている

       だから  仏教を学ぼうと思って・・・「法話の会」を開催してもらっている

  お釈迦様・阿弥陀様の教えを知りたいと思っている

  学生の頃  聖書を学んだ
         息子も聖書を持っていた・…遺品として仏壇の横に置いている

    藍の会の立ち上げのときは

       キリスト教の信者である遺族にお世話になった

      今も  見守っていてくれる

    故 平山正実先生もクリスチャン  岡知史先生のクリスチャン

       私は仏教徒

    有名な人の仏教の本も読んだが

        今  知り合っているお坊さんたちのお話は分かりやすく心に落ちる

   葬儀はお別れの儀式ではなく

   再開を約束するための儀式

    阿弥陀様に息子を委ねます・・・・・・・いつかわたしもそこに行きます必ず・・・・

        帰依する「南無」
                    「南無」 は  どの宗派にも共通

  なむ しゃかぶつ  なむみょうほんれんげきょう   なむ  あみだぶつ

     なむあみだぶ   帰依する  委ねる  お任せする

       そこに存在すると信じ・・・・る・・・・こころ

   信じなければ   存在しない


   信心   信じる心   信者  信じる者
        信じる心は生きているものを救う

     存在するのかどうか・・・・・・を  議論しても  救われない
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント