理解できない震災ビズネス

F1000236.jpg

震災後に数えきれないほどの数のNPOができた

   真摯に支援活動をしている団体もあるが

  ?ん???ん…と思うNPOもたくさんある

     本当に被災者支援?

     仕事をしていなかった若者たちが NPO法人を作り

    寄付金を集め

 嬉々として活動をしている

    それはそれで  若者に一つの仕事を与えた…という意味ではありなのだろう

    でも…私は思う

 震災で家族を喪ったり…家が流されたり

   仕事が無くなったり・・・・

    そんな被災者への支援は・・・・・・?と・・・

    被災者ではない人たちのための支援はあるのではない

  被災者ではない人たちへの寄付金ではない

      何かが違う気がする

 真面目に  被災地のために・・・被災者のために・・・・という団体もある

   がしかし

   震災復興という名目で集めた寄付金を

     幸せな人たちがより幸せになるために使うのは・・・どうなのだろう

    活き活きして…満面の意味で  被災地の被災者の支援をしています・・と

    ネットで公開しているのを見ると

  なぜか違和感を感じるのは・・・・・・・・遺族だからかなぁ~~~


  新聞も 頻繁に取り上げる・・・・

      復興支援って……・いってるけど

       ふ~~~~~~ん・・・・・・・

         とおもうことが最近多いのはなぜ?

    そんな団体は目立つことをする

派手なことを企画する・・・・・

        支援者って目立たないものと思うのは

    年よりだから・・・・・・ですかね・・・・

      震災ビズネスが大流行  

        目ざとい人たちは  人の不幸さえもビズネスにする

     すごいなぁ~~~
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント