自死遺族の自助の定義  指針への掲載

F1000231.jpg

自死遺族の自助グループの定義

    自助グループの定義


本人が会を所有するのが、自助グループ

専門機関が会を所有するのが、サポートグループ


自助グループがもつ「わかちあい」の場は、基本的にクローズドです

専門家とかボランティアがグループに入って、司会とかファッシリティーターをするのは
自助グループではなく、サポートグループです

自死遺族以外の自助グループはオープンミーティングを開いていますが

一部の自死遺族ケアの論文で書かれているようなオープンミーティングとは
  全く性格が違うものです


つまり  当事者ではない者は、原則的に発言できない
司会者から「自己紹介」といわれて  一言二言いうことはあっても  それだけ。

自死遺族の自助グループの基本は「わかちあい」には

 他者を入れないということです

「わかちあい」後の 「クールダウン」の場や、二次会等はオープンにしてあり、
参加遺族が許したら、専門家もボランティアもOKになっている

 ものすごく単純明快な定義です

自死遺族本人が会の所有者であること。
運営スタッフは自死遺族であること。
「分かち合い」の場は自死遺族だけであること。


 会場の設置やお茶の買い出しや広報、片付け等々は
  支援していただけたら
            ありがたい

クールダウンの時間や二次会に参加して、
   自死遺族の考え方などを知りたいという要望があれば 受け入れOK

総合支援のためには  それぞれの専門家との連携は必須

    こんな単純な定義をなぜ あいまいにするのか疑問

    自助グループというと  なにかメリットでもあるのか聞きたい

  特別何もメリットはないはず

   遺族が自助グループという看板に騙されて

   参加する可能性が高くなるだけ

自助グループがよくて支援者グループが悪いと言ってはいない

     

参加する遺族がわかりやすいように  区別はするべき

     自死遺族支援の指針の見直しをしてもらうことになった

   定義を掲載してもらう予定

    

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント