自助グループの運営支援・・・・・あれ?1億円は誰に?

F1000218.jpg

8、遺された人への支援を充実する

(1)遺族の自助グループ等の運営支援

事業概要等

遺族等のための自助グループ活動支援を行う民間団体等に補助を行う

    厚労省

毎年 1億円以上の予算

   自助グループ等の運営支援となっている


   厚労省に聞いてみた

         応えられない  明日担当者から連絡が来る

    毎年、宮城県や仙台市をとおして  書類がくるが  たぶんそれだろう

    申請をしたことがある

     宮城県の当時の担当者と相談して・・・・・・

        1回目  53万円


    2回目  自助グループ活動批判の内容で却下

     その後は 申請していない

   自助グループの活動そのものの批判だったから

     無理だと思った


  まさか  項目に  自助グループ支援が明記され

   1億円以上が毎年使われていることを知らなかったから


    自助グループの全国活動団体は  全国自死遺族連絡会だけ

     自助グループ活動を公開している団体は

   そのほとんどは 連絡会の会員がやっている


     1億円の恩恵は誰もどこも 受けていない

        調べてみた

      いのちの電話や 神戸限定の支援団体や

     福井限定や 白浜限定  そのほとんどは

     ある団体の系列団体


       なぜ  日本で唯一の自死遺族の自助グループの全国団体が

     受けられず   地域で活動している自助グループも受けられず

       自助グループ活動支援と明記しているのか・・・・


    自助グループが活動をしていなく、申請もしていないなら

      仕方がない

       全国に自助グループが36か所あり

         全国活動をしている自助グループ団体 が 申請をしているのに

     却下し    
           特定の系列団体だけに1億円が補助されているのは許せない

自助グループに支援をしたくないならば

       しなくていいので   補助金として予算は必要ない


     これまでの  事業も審査して返却してほしいくらいだ

         自助グループが支援を受けているような誤解を招く
     予算は廃止してほしい

いかにも自助グループに補助金を出しているような  まやかしは

     通じない

     こんなことが 発覚するから

        自助グループの団体を委員として参画させたくなかったのだと

          いまさらにおもう

自助グループ支援と大綱に書かれている

   きちんと自助グループ支援のために補助金を使ってもらいたい


     支援を望んでも   拒否するような県もある

            追及をするつもりです


     書いてあることを書いてあるように守ってほしい

 自助グループの定義は 岡知史教授の講演記録に書いてある

    緩やかな自助グループという言い訳は通用しない  
(他者が運営しても遺族が参加していたら自助グループだといういいわけ)


自助グループの定義は自助グループの研究者たちが論文で発表している

   定義は定義である       
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント