申請棄却の理由

F1000211.jpg

以前 47都道府県に1か所の自死遺族の自助グループの立ち上げ支援を目的として

全国自死遺族連絡会が申請をしたとき

厚労省からの補助金が受けられなかった理由

1:当事者(遺族)に必要な支援が行われるよう、各地の関係機関などとよく連携がとれていない、
2:自死遺族だけですべての活動を展開しようとすることに無理がある。
自殺予防は、できることとできないことを見きわめて、出来ないことに対しては適切な援助希求が必要である。ネットワーキングを考えるべき。
3:組織作りの働きかけを補助金で進めることへの疑問。自主財源との関係の整理(ほとんどが寄付であることに対して)
4:立ち上げ後の活動についての検討がされていない。
5:立ち上げのための補助金が旅費だけで効果があることを説明できるのか。

という指摘でした。

自死遺族の自助グループというものが理解されていないと感じます。

今もです


F1000214.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント