自死遺族の自助グループへの補助金1億円・・・・・・・・どこに使われているのでしょうね

F1000213.jpg

19年度246億円
     20年度225億円

       21年度~23年度100億円
       21年度159億円
       22年度124億円
       23年度134億円

24年度236億円     25年度 337億8千万円  26年度359億5千万円

   このほかに 一括要求しているよさんについては

  関係省庁の予算にそれぞれ計上している

厚労省だけで 206億円


過労死も過労自死も 相変わらず多く

 鬱の早期発見早期治療で  受診率は高くなり

精神科通院歴ありが多くなっている

   
  次が文科省 100億円  


 そのわりに  いじめ対策も遅々として進まず
 相変わらずいじめ自死が多く
    


25年度内訳

 実態解明の 調査

厚労省

厚労省科学研究補助金
「障がい者対策総合研究事業費」  12億5千万円

内閣府

総合対策推進・検証経費       450万円
政策課題等調査研究経費     1150万円


情報提供体制の充実  
自殺予防総合対策センター経費
(国立精神・神経医療研究センター運営費交付金)     45億円

自殺未遂者・遺族等の実態及び支援方策についての調査の推進

自殺予防総合対策センター経費
(国立精神・神経医療研究センター運営費交付金)     46億円


実態を明らかにする

文科省
児童生徒の予防についての調査推進
  児童生徒の予防ぬ向けた取り組みに関する調査研究    280万円


厚労省
うつ病等の精神疾患の病態解明及び診断・治療技術の開発
厚労省科学研究費補助金
「障害者対策総合研究費事業費」                 12億5千万円

内閣府
既存資料の利活用の促進
地域自死関連統計資料の集計及び分析方法の検討経費   2590万円



こんな風に延々続く

  寄り添い型相談支援事業(震災後にはじまった)
            250億円

  

   そのほとんどは 厚労省事業費   精神障がい者や うつ病の啓発

    ガン医療


厚労省
遺族のための自助グループ活動支援を行う民間団体等に補助を行う

という項目がある
   1億370万円
       どこにつかわれているのだろう

自助グループ活動支援を行う民間団体への補助・・・?????

     1円ももらっていない

どこの 自助グループが もらっているのだろうか

  どこの自助グループが支援されているのだろうか





      
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント