こころのケアや悲しみのケアの講座の内容の薄さ 何様の集まりなんでしょうね

F1000193.jpg

こころのケア・ボランティア養成講座というのがあったので調べてみた

 薄い内容だった

  本当に薄っぺらい・・・・・喪失のケアというのもあった

 主な喪失

 人との別れ~自己決定/自己コントロール感の喪失

 望まない移転・移動

 仕事・経済力

健康

   なまじっか健康だった人ほど病を得ると敗北感
    喪失感が大きい

自信 なまじ完璧主義だと老いが受け入れられず恥と思う


喪失体験の現れ方や回復のプロセス

現れ方・段階

否認 心の時計が止まる

いかり そばにいる人や自身に怒りが向かう

罪悪感

抑うつ

無力感 サボっているわけではなく 本当にエネルギーを消耗

孤独感 まわりが元気に回復していくときに起きがち

あきらめ

再生

 あきらめ 生きていたって仕方がない

 前向きなあきらめ 悲しみが底をつく

 光が見えてくる 季節と同じなんですね


 絶望のまっくらやみから ほのかに明かりが見える



   話せるようになったら  回復の状況に向かっている

「 時はいつの日にも親切な友達・」…・ユーミン





「つらかったでしょう・・・悲しかったでしょう?」と

      相手を気遣う言葉をかける


   云々………と続く


 めまいがしてくる


   幸せな人たちの集まりなんでしょうね

 (YWCA)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント