いじめと体罰と嘘

b0122448_18351046.jpg

昨日は 宮城県議会議員たちといじめで子供を亡くしたお父さんたちとの話合い
  簡単な要望書も提出
6月の議会に向けて・・・

3人目の犠牲者が出ても尚隠ぺい体質は変わらず
  12日の市会議員の委員会で教育委員会が配布した資料には
   8回もの{SOS]が記載されていた
      そのうち半分は保護者には連絡もしていない
   いじめた子供たちへの保護者にも全く報告していないことが判明

そして昨日  教師2名が体罰を加えていた

  頻繁に頭をたたいたり  ガムテープで口をふさいで授業を受けさせたリ・・

     どんなに苦しかったかと思うと  胸がつまりそうで 痛くて
         中学生が3人死んでも  大人たちは対面ばかりを気にして
    なんとか
       子どものせい・・・にして  なんとか親のせいにしようと必死

     何人の子供たちが死ねば 反省してくれるのだろうか

       殺人者だと言っているのではない
          力不足と 間違いを認め いじめや体罰を認め 反省し
いじめはしない
いじめない
いじめは悪いことだと教え 
いじめのない学校作りを目指すことを亡くなった子供に誓ってほしい
   申し訳なかったと 亡き子供に謝罪してほしい
遺族が求めているのはそれだけ

難しいことだろうか

    いじめていいのだろうか

 注意をすることと  怒ることは違う
    怒ってしまった時はフォローが必要

   教師が子どもたちを差別し   いじめている

   それを見ている子供たちは この子の事はいじめてもいいんだと思い込む

    今回 体罰の事を告発した 子どもとその保護者の勇気と良心に感謝です

  ずっと毎日 クラスメートから集団でいじめられ
     教師からもいじめられ
   肩を怪我したり
   手首を骨折したり
  ズボンを下げられたリ

それでも 親には心配かけないように毎日学校に行っていた


    つらかったろうなぁ

3人の遺族と協力して 仙台市・宮城県から 子どもの自死は出さないように
      頑張らなければ・・と・・・

今年は息子の13回忌
      初心に戻り 頑張りたいと・・・

    
スポンサーサイト

いじめ自死で亡くなった子供を個性的という言葉で侮辱している教師たち(仙台市)

E383A6E382ADE383A4E3838AE382AE110328.jpg

仙台で3人目のいじめ自死
    どうしても なんとしても なにをしても 動かない仙台市の教育機関

   いじめに対して 全く無知な教育機関

  というより  関心がない

     のんきになんとかなると思っている場合ではなくなった

    遺族とつながり  バタバタと動き

 ブログに向かい時間がなかった

    今日はこれから 東京

      日本いのちの電話の斎藤先生と会う

 1万4千件のいじめのほとんどは自分で解決している
    ~~~
    遠回しに 教育長は言っている

    自死する子供は 弱い・・・特殊だ・・と

    市議会議員の委員会でも 教育関係者は同じことを言っていた

     時々 建前で  言葉が見つかりません とか
                 なくなった子供さんをお悔やみもうしあげます・・とかいうけど

  全体的な言葉・・・答弁は

   個性的な子供・・・個性的な子供・・・と

    子供の個性に問題があったと言っている

     個性的だから 個性のない正常な子供が正しいと思い込んでいる

  からかいであっていじめではない・・と

     個性的な子供だから  からかいをいじめだと訴えていた・・と

  ケガを2度もして
      いじめられてると 泣いて訴えても
個性的な子供が勘違いしている・・と

   偏見と差別です 個性に対して・・・

      教育者たちが 子供の個性を個性としてとらえることができない現実

      個性のない正常な子供ってなんでしょうか

 個性のない正常な子供たちが  けがをさせて 集団でいじめているのに

     いじめが正常な子供のすることでしょうか

  先生たちの感覚がずれている気がします