喪われた子供のいのちを無視しての論議が続く仙台市

DSC01280[1]

昨日仙台市議会「いじめ問題等対策調査特別委員会」
   を 傍聴してきました。

「有識者からの聞き取り」という事だったのですが
 有識者(中学校校長・臨床心理士の准教)の講演
一人40分 原稿を読み上げての講演
二人の講演を詳しくメモ

 感想は 折立中学校の調査委員会と
   南中山中の再調査委員会を教育機関側を優位にするための準備

二つの学校の自死の案件は「いじめがあった」ことは
  アンケートなどで公になってしまった
   体罰も表に出てしまった

  ではそのいじめをどのように正当化できるのか・・というのが
  仙台市の考えのようです

いじめられて死んだ子供に責任がある
いじめられて死んだ子供は いじめられても仕方がない子供だったという事らしい
  
発達障害 またはグレーゾーンの子供は
何気ない一言
 いじめではないのに
   いじめられていると感じる傾向がある

 からかっているだけなのに
   過剰に反応する傾向にある
  
しかも 落ち着きがなく
   他の子供たちの迷惑を考えられず
   騒いで、授業にもついてこれない

だから
いじめているのではなく
   いじって  冷やかしているだけ

 授業の邪魔をする子供だから
  腹いせの場合もある

 他の子供とコミュニケーションズが取れないことが問題

周囲ともトラブルが多く
   授業の進行が妨げられる
    
そのような子供は 支援学級に行くのがよい

    普通学級にいるから いじめられる


 いじめられる子供の親もまた 自己肯定ができていない
   子どもへイライラをぶつけている
 問題を抱えている家庭が多い


 10パーセント・・12パーセントの子供が発達障害とグレーゾーンだ
  
だから支援学級や支援施設・精神科機関につなぐ必要がある


 いじめは 発達障害とそれを認めない親の子供(グレーな子供)
   が
普通学級にいるせいだ
  支援学級や支援施設で学べば いじめは起きない
という結論のようだ

発達障害とは生まれつきという認識の校長

体罰(粘着テープを口に何重にも張っての授業)
体罰(げんこつで頭をたたくことが日常的)
これらも
 体罰ではなく指導の範囲
     マスコミが大げさに騒いだせいだ
      過剰なマスコミの取材と過大解釈をしている

   という話しもしていた(市役所)

いじめられている子供は
いじめている子供を友達だと思っている
 しかし
いじめている子供は
いじめている子供を友達だとは思っていない

発達障害だから 友達が欲しくて
   いじめられても くっついていく
  
また
調査委員会の公平性を保つという意味を勘違いしているようです

 本来は 学校側が選んだ人・遺族が選んだ人・半数がベストだと思うのですが

遺族が選んだ委員は遺族目線になるから
  公平な人たちではないという発言があった

   学校側が選んだ委員は 文句なく公平性を保てる人という認識らしい

   学校側が選んだ委員は学校側に優位な解釈になるのではという疑念はないのだ

遺族が選んだ委員だけが遺族側の目線になるのでは・・・という考えは ビックリだった

  だったら  
仙台市と関係の深い仙台医師会や元仙台市の職員の委員は公平性があるのだろうか


   遺族は 教師や生徒を犯罪者にしようとしているのではない
    人間は間違いがある
自死に追い込もうといじめたのではないだろう
  自死に追い込もうと体罰をしたのではないと思う
  でも 
 事実は事実  
いじめた同級生が 体罰をした生徒が 自死したのです

   ごめんなさいと言いましょうよ

もう二度と いじめはしませんと言いましょうよ
  体罰はしませんと死んだ生徒に誓いましょうよ


   喪われた命に謝罪し
  二度といじめや体罰をしないから許してというだけでいいんです

    過ちは誰でもありますが  その過ちを認めて生きなおすことができるか
     過ちを認めず 自分を正当化して生きて行くのか・・・

   人としての生き方が問われるのです

 
スポンサーサイト

静かな暴言

F1000392.jpg

物心がつくと 人はいじめをする
 自分がかわいいから・・・
    自分の満足のために・・・

満足感をいじめという形にする子供や大人
他人には厳しく 自分にはやさしい人たち

  いじめる子供は なんらかの問題を心に抱えている

    いじめられて困っている子供を助けるのが
教師や同級生だと思うが
   違うようです

いじめている側を支え 応援している
   だから集団でのいじめがおこり
    教師も一緒に体罰をし、みてみないふりをする

   パワハラも同じ
  過労自死の場合も 必ず言葉の暴力はある
   ひどい言い方・・・「死ね!」とか「バカ」とかではなくても

 人格否定をする人が多い
 「無能」・・とか
  また仕事・仕事・仕事・・で ほとんど休んでいない同僚をみても
   部下を見ても
上司を見ても
    知らんふり  自分は休みを取る人たち

  100の仕事があり 5人で20ずつやればいいのに
   4人は10しかやらず
   1人に60を負担させえる

    それはいじめです

   人にやさしくない

   無視する・・・誰も話しをしない
 相談をしても ニコニコ笑いながら 無視する

それは パワハラにはならない
   
  毎日耳元で「お前はうつ」「お前は無能」「お前の責任」と
  ささやかれたら・・・
     証拠は残らないが いじめです

  周囲に聞こえるような暴言だけがパワハラではない・・・

    毎日「くさい」「くさい」「くさい」と言われ続けたら
       自分の匂いが気になっていく・・・

そうやって  静かに人を追い込むのは 陰湿ないじめ・パワハラ

   それは死んでしまったら  証明はできない
     生きていても 録音でもしていないと立証は難しい

    卑怯者が 言葉で人を追い込むのだと思う

    そして 人が 死んでも 平気でうそをつき
      何もしていないと言い続ける

  完全犯罪は 静かな言葉の暴力で成立する  

     いじめにはいじめで返したらどうなるのか

    学校も社会もメチャクチャ

   私たちは多くの人たちのやさしさや思いやりで暮らしている

 意地悪な人たちは  恩を受けたことも感じない

  他人には厳しく 自分にはやさしい、甘々な人たちだから・・

     教育は大事

人にやさしい教育
    人を育てる教育
 思いやる教育

    が  完全に欠けている

    公立の幼稚園や保育園に行くと
     子どもらしい子供は  障がい児を言われる

    公立の小学校や中学校に行くと
        個性にあふれる 天才肌の子供は異端児扱いをされて
           発達障害というレッテルを張られる

  よほど 親たちは知識を得て 学校に送り出さないと
   教師のいう事を聞く イエスマンの子供以外は 精神科に送り込まれることになる

   才能のある子どもは
      子どもの才能にあった私立の学校でないと潰されてしまう
 最悪
自死  ・・・  薬漬け・・廃人

   大人が子供らしさを認めず
    平均的子どもだけを良しとし 管理しやすい子供だけの集団を作っている

   大人が子供をいじめている
それを見ている平均的な子供は
    いじめても大丈夫だと思う

 平均的な子供 平均的な発達
 平均的な大人・・平均的な学校  標準値に近い知識

  日本人は とにかく  平均と普通を好み 安心している

  違う感性を認めない

   潰し続けるが  つぶれないで有名になると
      天才だとか言ってもてはやす

    なんの信念もそこにはない

    社会に流されないこと
      自分を信じる事
子どもを信じる事
     正しい知識を身につけないと 
        社会に殺されてしまいます

    精神科に行くかどうか 最終的に決めるのは親であり自分です
      いじめを許さない社会にしなければ・・と思う

 人に意地悪や いじめや暴言をお互いに吐かない
    蔑まない
   差別しない

自分に厳しい自分でありたい

声なき声を聞くことの意味

20070715174505[1]

  亡き人の声を聞く・・という事の意味を
    直接声が聞こえるんですか・・という人達

   感性という言葉はそこには通用しない

いじめで自死した子供たちが なぜ自死しなければならなかったのか
そこには何があったのか

その子は どのような両親のもとに生まれ
  どのような環境の中で育ち
    幼稚園・小学校・中学校~と通い
何が得意で何が苦手だったのか
    どんな友達がいて何を話して 生きていたのか

   いじめはなぜ起きたのか

  「くさい」「うざい」「ブス」「キモイ」
「整形でもしろ!」「うんこ」
 「頭の悪いのが日本語しゃべってる」
 「しね」
 「バカは学校にくるな」

トイレもどこも数人でついてくる   
    小突かれる
バカだ・お前はバカだ・・と毎日数人から言われる

 数人で抑えて ズボンを下げる
     等々

その様子を笑ってみているクラスメイト

その時の気持ち
どんな気持ちで学校に行き 一人で受けていたのか
 先生に伝えても
    「ハイ・ハイ」でおしまい
親が訴えても
「ハイわかりました」でおしまい

    集団でのいじめは更に悪化して陰湿に続く

そんなことがなぜ起きたのか
その時 いじめられていた子供は どのような気持ちだったのか

それを 考え 想像し  自分に置き換え
    問いかけて行く

   そんな地道な作業の中で  亡き人の声なき声が聞こえるのです

    思いを馳せる・・・
           ことが少なくなってきている気がします

   13歳の子供が自ら命を絶つ

それがどんなに苦しんだ結果なのか  と考えず

  死にたくて死んだんじゃないの
   心が弱いから逃げたんじゃないの
      自死は逃げた死だよね

と思う人には  亡き人の声は届くはずがありません

     人間は死にたくない動物だということが前提です

   自分は死にたくないけど  自死した人は死にたい変な人たち・・・
  そんな考えが少しでもあったら
      亡き人の声なき声は聞こえません
心の耳で聞くのですから

    刑罰の最も重いものは死刑
 なぜでしょうか
それは死というものが人間が最も怖く恐れるものだからです

その死という恐怖を 超える苦しみ
   生きているよりも 死んだほうが・・・と思わせるほどの苦しみ
   それは生き地獄です

 亡くなった子供の友達や親・兄弟・・・環境の全てにふれて
    亡き子供に手を合わせ
      心を研ぎ澄ましたとき
声なき声が 心に聞こえるのです

    いじめた人を罪人にしようとか
    刑務所に入れ
  と望んでいるのではないのです

犯人捜しではなく

  いじめたことはいじめたこととして認め、

死ぬほどいじめるつもりではなかったんです ごめんなさい

 と お詫びをする気持ちを持たせないと

   また いじめは続き
 社会にでて今度はパワハラ セクハラ  モラハラ
      人をいじめる快感が 病みつきに・・・

そして
また 誰かが死んで逝く

 そして いじめは 口答えのしない人
   真面目な人
        時々反応する子 が ターゲットになる

   自分よりも体格がよく、力も強く
  口も達者で
     先生にすぐ告げ口をするような子はターゲットにしない

    しかも 一人ではできなくて
必ず集団でいじめる

 卑怯者です

  いじめはいけないことです

 人が人をいじめる行為はいけないことです

体罰を認めるPTA  理解できません

98615580_624[1]
自分の子供が通っている学校で
いじめと体罰で子供が自死したのにもかかわらず
  体罰した教師を復帰させる署名を集めて 教育委員会に千羽鶴まで贈り届けたPTA

  このPTAの一人が私に電話をかけてきたことがある
    体罰教師の処罰の軽減と復帰の運動をする・・という話だった
とてもいい教師だから・・・と

   体罰は犯罪ですよ・・と伝えたら
  知っていますということ

  いい教師って どんな教師でしょう

   体罰をしても 自分の子供ではないから
     いじめも自分の子供ではないから
     死んだのも自分の子供ではないから

    死んだ子供の事はどう思っているのでしょう

    いじめられたくらいで
  体罰を受けたくらいで
      死ぬなんて・・・迷惑な話
    
   そう思っているのでしょうねきっと

 青森の中学生の自死の通夜に来た教師
 「叱ったことがなかったんですか」と親に・・・
 「出世に差し障りがありますねと校長に・・・


     弱い子供が自死する・・・親が悪い

そんなふうに思っているのでしょうね

      弱いって何ですか
いじめた子供は強くていじめられた子供は弱いのでしょうか
   
  いじめは卑怯な行為です

     卑劣です

   体罰もです

    教師が 子供をたたく
口にテープを張る
         日常的に行われていた・・・

それがいい教師でしょうか

    教師のお気に入りの子供にはやさしく
気に入らないと叩く・・・
叩かれた子供が悪くて 叩いた教師はいい先生
   悪いから叩かれただけ
     自分の子供はいい子供だから叩かれない

   自死なんてしたせいで  いい教師が 悪者になっているなんてかわいそう
    助けなければ・・と思っているのでしょうか
折立中学校のPTA

    折立中学校からいじめをなくしましょうよ

    教師の体罰はなくしていきましょうよ

  自分のこどもさえ かわいがられたらいいのですか

     すばらしくいいことでもしているとでも思っているのでしょうか

しかも 千羽鶴って

    亡くなった同校の生徒への哀悼の意味での千羽鶴ならわかりますが

 なぜ 体罰教師に千羽鶴???

   まだ 調査委員会も開催されておらず
       委員も決まっていない折立中のいじめと体罰自死

  死んでるんですよ 自分の子供と同じ子供が・・・

無神経と無知は罪です

   

    体罰教師は 今も 市役所で働いています
  給料もボーナスももらって
    お風呂に入り ビールでも飲んで
    家族で楽しく過ごしているんですよ     

あなた方の子供と同じ子供が亡くなったんですよ
その原因の一つが体罰にあるとしても
    体罰を認め 体罰を行った教師の擁護をし、千羽鶴まで贈るんですね

    なにか  違いませんか

 

推薦団体が委員になる人物よりも重要という仙台市

m_E382AFE383ACE3838AE382A40wb.jpg

第三者調査委員会の人選

  仙台市は 遺族の人選に対して 職能団体からの推薦という形を求めている

 例えば 野田先生を委員に推薦したい…というときは
    野田先生を委員に推薦する職能団体を仙台市に推薦する
 しかし、その団体がふさわしくないと仙台市が判断すると
 遺族にこの団体では推薦する団体にふさわしくないとダメ出しが行われる
  ではこの団体では・・と提示
  またダメ出し
推薦するための職能団体を仙台市が承諾しないと
   いつまでもつづく
推薦団体を承諾してくれないと野田先生でも委員にしてくれない

   人物ではなく   推薦する団体が最優先だそうです

   仙台医師会に依頼して推薦してもらい
     人物はお任せ
        社会福祉士会に頼んで人物はお任せ

    弁護士会に頼んで人物はお任せ・・・

     のようです

     だから  自死の事なんて考えたこともない人物が委員になっている

   いじめのことなんて 考えたこともない人物が委員になっている

       いじめ自死の調査などできるはずもなく
        やる気もない人たちが委員になる仕組みになっている

 やる気のない 興味のない委員のほうが 仙台市はやりやすい
      仙台市の出した 資料に目を通して
  仙台市の意見を聞いて
     「あ~そうなんですね」というだけの委員が都合がいい

本当にいじめをなくそう

とか

 自死の問題に取り組もうなんて 一欠けらも思っていないから
     調査委員会なんて  いじめ自死に,無関心な委員でいいのです

   いいなりになって  都
合のいい答申書が出せたらいいだけの委員であってほしいのだから

遺族は本気!
本気の人選をする
  それでは困る
だから 推薦団体に固執する

遺族が推薦している人をあきらめてほしいのだろう

  遺族の必死を理解していない

   死に物狂いで適切な委員を探している
     なんとしても推薦団体を探す
  執念である

  子どもへの懺悔だから・・・

   本気の遺族と  適当にごまかしたい仙台市

      真実を知りたいだけの遺族

     いじめがあったなら いじめた子供は謝罪し反省しなければならない
    それを教え諭すのも 大人の役目 いじめた子供の将来にもかかわる事

    そして 今後いじめないことや いじめてはいけないことを学ぶことも
        いのちを活かすことになる
   
   しかし
3人の中学生が自死しても
  いじめや体罰が頻繁に行われ
     報告や相談を受けても 知らんふりしていた結果
4人目の自死・・・未遂だったが  起きた

   行政マンの対面や古い仕組みのために
犠牲になるのが
  子供たちであっていいはずがない

     喪われたいのちと向きあってほしい

     仙台市は どこまで腐っているのだろうか

 やりきれない

  新聞に市長のコメントが掲載されていた

      調子のいいことをいっていた

      7月に 再調査委員会は設置する・・・って

    無理でしょ

     遺族に

     仙台市が納得する推薦団体を見つけてください

       そうでなければ  遺族の推薦する人を委員にはできませんよ・・
      と言っているんですから

       2回目の 推薦団体を今週提示する予定ですが
          どうなるでしょうか

     またダメ出しでしょうか